エルトン・ジョン「マーク・ボランは僕のお手本だった」

ツイート


先週終わり(9月4日)リリースされたT・レックスのトリビュート・アルバム『AngelHeaded Hipster: The Songs of Marc Bolan and T. Rex』に参加したエルトン・ジョンが、マーク・ボランを「僕がエルトン・ジョンになろうとしていたときの素晴らしいお手本だった」と称賛した。

エルトンは英国の新聞『The Guardian』にこう語った。「彼は完璧なポップ・スターだった。曲が素晴らしくてアルバムはカッコよく、アティチュードがあり、パフォーマンス技術を備え、外見もいかしてて、服のセンスも素敵だった。当時、僕がまだエルトン・ジョンになろうとしていたとき、彼は素晴らしいお手本だった」

「“彼は他人がどう思うが気にしてない。ありのままの自分でいて、それを常に楽しんでる”って思った。それにはすごく影響を受けた」

エルトンは、『AngelHeaded Hipster: The Songs of Marc Bolan and T. Rex』でU2と「Bang a Gong (Get It On)」をカバーした。

『AngelHeaded Hipster: The Songs of Marc Bolan and T. Rex』の収録曲は以下のとおり。

Disc 1
1. Children of the Revolution - ケシャ
2. Cosmic Dancer - ニック・ケイヴ
3. Jeepster - ジョーン・ジェット
4. Scenescof - デヴェンドラ・バンハート
5. Life’s a Gas - ルシンダ・ウィリアムス
6. Solid Gold, Easy Action - ピーチズ
7. Dawn Storm - BØRNS
8. Hippy Gumbo - ベス・オートン
9. I Love to Boogie - キング・カーン
10. Beltane Walk - ギャビー・モレノ
11. Bang a Gong (Get It On) - U2 ft. エルトン・ジョン
12. Diamond Meadows - ジョン・キャメロン・ミッチェル
13. Ballrooms of Mars - Emily Haines

Disc 2
1. Main Man - ファーザー・ジョン・ミスティ
2. Rock On - ペリー・ファレル
3. The Street and Babe Shadow - Elysian Fields
4. The Leopards - ギャビン・フライデイ
5. Metal Guru - ネーナ
6. Teenage Dream - マーク・アーモンド
7. Organ Blues - ヘルガ・デイビス
8. Planet Queen - トッド・ラングレン
9. Great Horse - ジェシー・ハリス
10. Mambo Sun - ショーン・レノン& シャーロット・ケンプ・ミュール
11. Pilgrim’s Tale - Victoria Williams with ジュリアン・レノン
12. Bang a Gong (Get It On) Reprise - デヴィッド・ヨハンセン
13. She Was Born to Be My Unicorn / Ride a White Swan - マリア・マッキー

T・レックス(マーク・ボラン、スティーヴ・カーリー、ミッキー・フィン、ビル・レジェンド)は今年、ロックの殿堂入りを果たす。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報