デヴィッド・ギルモア&シド・バレット、“紙ジャケ”スペシャルサイト公開

ツイート

ピンク・フロイドのギタリスト=デヴィッド・ギルモアと、ピンク・フロイドの創始者=シド・バレットの名盤の数々が日本独自紙ジャケット仕様で9月16日に発売される。

◆デヴィッド・ギルモア&シド・バレット 関連画像

本日スペシャルサイトが公開となり、そのこだわりの詳細が明らかに。それぞれ、紙ジャケットは英国オリジナルLPを再現し、CDサイズに精巧にミニチュア化。デヴィッド・ギルモアの『狂気の祭典』『ライヴ・アット・ポンペイ』は当時英国でリリースされたLPと同じ豪華ボックス仕様での復刻となる。なおデヴィッド・ギルモアは初紙ジャケ化。シド・バレットはソロ・デビュー50周年記念で初Blu-spec CD2化。

また、デヴィッド・ギルモア全6タイトル同時購入者特典として「デヴィッド・ギルモア・スペシャル缶バッチ・セット」、シド・バレット全4タイトル同時購入者特典として「シド・バレット・スペシャル缶バッチ・セット」を、それぞれ先着でプレゼントするキャンペーンも実施中だ。



キャンペーン対象店舗や内容

●デヴィッド・ギルモア紙ジャケ6タイトル同時購入者特典詳細
http://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidGilmour/info/520594
●シド・バレット紙ジャケ4タイトル同時購入者特典詳細
https://www.sonymusic.co.jp/artist/SydBarrett/info/517225
●予約・購入はこちら
デヴィッド・ギルモア紙ジャケ:https://SonyMusicJapan.lnk.to/DG_pcd
シド・バレット紙ジャケ:https://SonyMusicJapan.lnk.to/SB_pcd

今年2020年はピンク・フロイドの名盤『原子心母』がリリースされてから50周年(1970年10月2日英国発売)。9月16日にデヴィッド・ギルモア、シド・バレット紙ジャケ10タイトル、9月18日にニック・メイスンズ・ソーサーフル・オブ・シークレッツ『ライヴ・アット・ラウンドハウス』、10月2日にロジャー・ウォーターズ『US+THEM』と、奇しくもピンク・フロイド関連プロダクツが続々リリースとなる。来年2021年はピンク・フロイド初来日公演「箱根アフロディーテ」から50周年となる(1971年8月6日、7日開催)。

◆ピンク・フロイド オフィシャルサイト
◆デヴィッド・ギルモア オフィシャルサイト
◆シド・バレット オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報