ジョーン・ジェット「アンドロジニーなこのルックスはマーク・ボランから」

ツイート

ジョーン・ジェットは、大ファンであるT・レックス/マーク・ボランからミュージシャンとしてあらゆる面で影響を受けているそうだ。特にアンドロジニー(両性具有)のルックスがそうだという。

◆ジョーン・ジェット画像

ジェットは「マーク・ボランは、私の初恋の人よ」と『Variety』に話した。「マーク・ボランはミュージシャンとしての私にあらゆる面で大きな影響を及ぼした。特にこのルックス、アンドロジニーのね」「歌詞はシュールで、組み合わさる言葉が本当に美しい。多分、彼にとっては意味をなしたんだろうけど、もしあなたがそこにメッセージを見出そうとするなら、自分で創り出さないとね。私はあのサウンド、音楽、メロディを楽しんでる。深読みする必要さえない」

ジョーン・ジェットは先週終わり(9月4日)にリリースされたT・レックスのトリビュート・アルバム『AngelHeaded Hipster: The Songs of Marc Bolan and T. Rex』に参加し、「Jeepster」をパフォーマンスした。

同じくアルバムに参加したエルトンも最近、ボランを「完璧なポップ・スターだった。曲が素晴らしくてアルバムはカッコよく、アティチュードがあり、パフォーマンス技術を備え、外見もいかしてて、服のセンスも素敵だった。当時、僕がまだエルトン・ジョンになろうとしていたとき、彼は素晴らしいお手本だった」と称賛している。

『AngelHeaded Hipster: The Songs of Marc Bolan and T. Rex』には彼らほか、ニック・ケイヴ、ケシャ、U2(エルトンとコラボ)、ジュリアン・レノン、ショーン・レノン、デヴィッド・ヨハンセンらが参加した。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報