三島想平(cinema staff)、初のソロアルバム配信リリース決定

ツイート

cinema staffの三島想平(B)が9月16日に初のソロ作品となるアルバム『plan B』を配信リリースすることが決定した。それに先駆け、本日9月9日よりシングル「plan B」の配信もスタートした。

◆トレーラー映像

三島想平はcinema staffで作詞も担当するほか、アイドルへの楽曲提供やゲームやCm音楽の制作、LiSAやゆるめるモ!のライブサポートメンバーとしても活動している。

アルバム『plan B』は“境界線を超える余裕・混沌・ユーモア”をコンセプトに、全楽曲の演奏、ミックス、マスタリングをすべて一人で手掛けた。現在トレーラーも公開中だ。

アルバムタイトルと同名のシングル「plan B」は、バンドという枠を取り払ったジャンルレスな音楽性と三島のソリッドな視点、センスが炸裂した痛烈な楽曲に仕上がっている。

■三島想平 セルフライナーノーツ
2020年になって世界を取り巻く環境が大きく変わり、 何かこのタイミングでアウトプットをしたいと思い、改めて制作を始めました。 日々、悪い方に移ろいでいく情報に大いに晒されながら作った曲たちは 一種の諦めと開き直りのもとに成っているような気がしています。 それは映画『インターステラー』で提示された「プランB」の内容に近い質感だ、と思ったんです。
「他プロジェクトにない余裕・混沌・ユーモアを」というコンセプトで2017年頃から少しずつ自分の勉強と実験の為に制作を続けてきました。 その延長で、今作は全ての演奏からミックス・マスタリングまで三島1人で行っています。 特殊な形態でのリリースを許してくれたTHISTIMEに大きな感謝を。
誇りに思います。


リリース情報

■配信シングル「plan B」
2020年9月9日(水)配信
https://lnk.to/_planB

■三島想平 デビューアルバム『plan B』
2020年9月16日(水)配信
[収録曲(全5曲)]
1. bet better
2. plan B
3. tope-suicida
4. dolce
5. 偽物の男

◆三島想平 オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報