松田聖子、新曲で財津和夫と37年ぶりタッグ

ツイート

松田聖子の新曲「風に向かう一輪の花」が本日9月9日(水)に配信リリースされた。財津和夫が作曲、松田聖子自身が作詞を手がけた楽曲で、9月30日(水)発売のデビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』に収録されるという。

◆ティザー映像、関連画像

両者が作詞作曲でタッグを組むのは「小さなラブソング」(1983年)以来37年ぶり。歌詞には、40周年を迎えるにあたってのファンへの感謝の思いやまだまだ進んでいくという決意が綴られている。

財津和夫は「詞を読んだときに“これはファンに向かって歌う曲なんだな”と確信めいたものがありました」としながら、「ステージ上でファンの皆様へ向けて聖子さんがこの曲を歌っている姿をイメージしながらメロディを考えました。歌詞にある“まっすぐな気持ち”はファンに向けての言葉だと思いますし、 “永遠がうまれる”は聖子さんのカリスマ性を思わせ、“舞う”は三拍子を思わせてくれました 」と語っている。


▲財津和夫


リリースに合わせて、同曲のティザー映像も公開となった。松田聖子のアイデアを元に制作されたというこの映像には、グラフィックデザイナーの塩澤偉史によるイラストが使用されている。

また、40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』の全収録曲も発表された。CDは10曲入りで、先行リリースされた「SWEET MEMORIES〜甘い記憶〜」「瑠璃色の地球 2020」に加えて、「セイシェルの夕陽~40th Anniversary〜」や「赤いスイートピー English Version」、新曲2曲も収録。初回限定盤とUNIVERSAL MUSIC STORE限定盤には、ボーナストラックとして「瑠璃色の地球 2020 Piano Version」が追加収録される。

Digital Single「風に向かう一輪の花」

2020年9月9日(水)0:00〜配信開始
https://lnk.to/IchirinnoHana

デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』

2020年9月30日(水)発売
■通常盤(CD):UPCH-20551 ¥3,000+税
■初回限定盤(SHM-CD+DVD):UPCH-29365 ¥4,500+税
■UNIVERSAL MUSIC STORE限定生産盤(SHM-CD+40th Anniversary Seiko Matsuda 80年代メモリー グッズ 「応援ハチマキ」)PDCN-1921 ¥5,500+税
予約リンク: https://umj.lnk.to/seiko2020
収録曲:
01. 瑠璃色の地球 2020
02. セイシェルの夕陽〜40th Anniversary〜
03. 赤いスイートピー English Version
04. SWEET MEMORIES〜甘い記憶〜 (マクドナルド「ごはんチキンタツタ」CMソング)
05. いちご畑でFUN×4
06. 風に向かう一輪の花
07. La La!! 明日に向かって (テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ曲)
08. 40th Party
09. そよ風吹いたら〜I can hear the sound of the waves〜
10. 赤いバラ手に抱え
※ Bonus Track ※
11. 瑠璃色の地球 2020 Piano Version (初回限定盤/UM STORE盤のみ収録)
▲通常盤ジャケット

この記事をツイート

この記事の関連情報