つじあやの、ドラマ「竹内涼真の撮休」劇伴を担当

ツイート


つじあやのが、竹内涼真主演のドラマ「竹内涼真の撮休」の劇伴音楽を担当することが明らかになった。

“突然撮影が休みになったら、女優はどう過ごすのだろうか?”といった妄想の世界を気鋭の監督・脚本家たちが描く異色ドラマとして、有村架純の架空の休日を描いた8つのストーリー「有村架純の撮休」が2020年3月から5月にWOWOWで放送され好評を博していた。竹内涼真が自分で自分を演じる8つのパラレルストーリー「竹内涼真の撮休」は、それに続く第2弾で、WOWOWオリジナルドラマとして11月6日(金)深夜0時より放送される。

今回公開された特報では、突然の撮休に何か起こることを予感させるような躍動感のある曲調に仕上がっている。ある時はスパイス屋でセクシーな女店主と出会ったり、ある時は妹と人生を語ったり、ある時は同級生とバーベキューをしたり、とパラレルな物語として展開していく8つのストーリーを、つじあやのが音楽でさらに盛り上げる。




また、監督を務めるのは、映画『ここは退屈迎えに来て』『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの作品を手掛け、恋愛映画の名手と言われる廣木隆一、ドラマ「全裸監督」などを演出した内田英治、そして現役の慶應義塾大生であり、映画、ドラマ、MVを手掛ける松本花奈。第1話の脚本を担当するのは、ドラマ初挑戦となる若手監督・脚本家の首藤凜で、ほかにも、ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の構成を手掛けた竹村武司、前作に引き続き参加するペヤンヌマキ、ふじきみつ彦ら個性的な脚本家たちが集結した。

■WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」

放送:11月6日(金)スタート(全8話)
【第1話無料放送】毎週金曜深夜0時(24時)放送

出演:竹内涼真 ほか
音楽:つじあやの
制作協力:ホリプロ
製作:「竹内涼真の撮休」製作委員会

<ドラマ情報>
とあるスパイスの店を訪れた撮休中の竹内涼真。「スパイスカレーを作りたい」という竹内に、女性店主の薫は、スパイスの指南をする。そしてあることがきっかけで、2人は一緒にカレーを作ることに。そこに突然、男がやって来るのだが…。(第1話「薫るスパイスカレー」より)

監督:廣木隆一(『ここは退屈迎えに来て』)、内田英治(「全裸監督」)、松本花奈(「平成物語」)
脚本:狗飼恭子(『ストロベリーショートケイクス』)、ぺヤンヌマキ(演劇ユニット「ブス会*」主宰)、ふじきみつ彦(「バイプレイヤーズ」シリーズ)、舘そらみ(「来世ではちゃんとします」)、松本哲也(「WOWOW映画の日特別ドラマ NO MOVIE,NO LIFE」)、玉田真也(玉田企画主宰)、竹村武司(「山田孝之の東京都北区赤羽」)、首藤凜(『なっちゃんはまだ新宿』)

特設サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/satsukyu2/

◆つじあやの オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報