R&B、アンビエント、ジャズを再構築し、ポップ・ミュージックとライフ・スタイルに新潮流をもたらすRhye、新曲「Helpless」本日リリース

ツイート

マイク・ミロッシュによるプロジェクト、Rhyeが新曲「Helpless」を配信、同時にパートナーのジュヌビエーブ・メドウ・ジェンキンスが監督を務めたミュージック・ビデオも公開された。

◆Rhye 関連動画&画像


Rhyeは今年5月にシングル「Beautiful」を配信リリースし、著名音楽媒体にて「ストリングスの鼓動から始まり、シャープなビートと躍動するベースラインが一体となり、80年代初期のブライアン・フェリーのソロ曲を遠くに響かせている」と評された。これに続くシングル「Helpless」では、ミロッシュの独特のカウンターテナーで「100万曲のラブソングを書きたい」という願いを表現している。ミロッシュの声は、パーカッション、ストリングスアレンジ、シンセと鍵盤が織り成すユーフォニアムのようなブレンドの上を滑らかに流れていく。

拠点であるロサンゼルスを中心に撮影された「Helpless」のMVは、ミロッシュとメドウ・ジェンキンスのクリエイティブなつながりを表現している。女優のコナー・レスリー、ダンサー/演出家/振付師のファティマ・ロビンソン、ファティマとソール・ウィリアムズ間にできた息子シュリー・ウィリアムスが出演している。

ミロッシュは同MVについて以下のようにコメントしている。 「“Helpless”のビデオは、愛や喜びがどのようなものになりえるかと夢見る若いころの私たちの記憶を呼び起こします。親しい友人たちと共にこのビデオのようなアートを作ることは、私たちの隔離生活の中において最大の喜びでした」。

また、ミロッシュはLAを拠点とするクリエイティブコミュニティ“Secular Sabbath”の一員として、ディプロとのコロナ・サバスや、朝のアンビエント・パフォーマンス、ジョセフ・オーガストとのサンライズ・セレナーデなどのライブストリームを定期的に行っている。Secular Sabbathは当初、アンビエント音楽のライブイベントを中心に活動していたが、現在では様々なサービスを提供し、拡大している。活発に活動するRhyeに今後も注目したい。


「Helpless」

2020年9月10日(木) リリース
■トラックリスト
1. Helpless
試聴/購入リンク:https://Caroline.lnk.to/helpless

◆Rhye オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報