エース・フレーリー「政治とは距離を置きたい」が、「俺はトランプ支援者だ」

ツイート

エース・フレーリーが、「政治とロックンロールは融合しない。俺は政治とは距離を置きたい」と話した直後、ドナルド・トランプ米大統領を支援していることを表明した。

水曜日(9月9日)YouTubeで公開された『The Cassius Morris Show』にゲスト出演したフレーリーはこう話した。「ジョン・レノンは政治と深く関わるようになった。で、ジョン・レノンに何が起きた? 俺は政治とロックンロールは融合しないと思ってる。俺の考えではな。俺はできる限り、それと距離を置こうとしている」

しかし、続けて「俺はトランプ・サポーターだって言っておく」と発言した。「全ての政治家に隠しておきたい秘密がある。でも、俺はトランプは最も強力なリーダーだと思う。今ある中で」

フレーリーは2018年、トランプ大統領について「彼のことを好きだろうが嫌っていようが、アメリカ国民で愛国者ならば、自分らの大統領を支援すべきだ。彼は選ばれたんだ。好きだろうが嫌いだろうが、支援すべきだ。そうじゃなければ、他の国に引っ越すんだな」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報