The Songbards、4人のクリエイターが独自の解釈で「夏の重力」を自由に表現する“SONGWORKS”作品を公開

ツイート

The Songbardsが9月23日にリリースする三部作の第一章となるミニアルバム『SOLITUDE』。リード楽曲である「夏の重力」を注目のクリエイターが独自の解釈で自由に表現する2次創作企画“SONGWORKS”がスタート。4名のクリエイターによる作品が公開となった。

楽曲を各々感じるまま自由に捉えてほしいという願いから立ち上がったこの企画は、様々な分野で活動中のクリエイターが、「夏の重力」をそれぞれの手法で自由に表現するというもの。アニメーションやイラスト、写真といった、1つの楽曲から生まれた個性溢れる作品群は興味深い。作品を楽しみながら、「夏の重力」の世界観をそれぞれ自由に広げていただきたい。

“SONGWORKS”情報

●参加クリエイター
アニメーション作家:福地明乃
イラストレーター:Toru
アニメーション&造形作家:しばた たかひろ
フォトグラファー:阪東美音
●作品一覧
https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026510/33.html
The Songbards Official Twitterでも公開中
https://twitter.com/TheSongbards?s=20

リリース情報

3rd Mini Album『SOLITUDE』
2020年9月23日発売
1.孤独と海
2.リトル・ヴァンパイア
3.Dream Seller
4.夏の重力
5.窓に射す光のように
●完全限定生産盤CD+書籍 [VIZL-1783 / \2,300 +tax]
・書籍:マテリアルブック「LATITUDE」
Mini Album “SOLITUDE”の世界観を、Vo./Gt. 上野皓平による収録曲と呼応する書き下ろしの短編詩、短編詩を彩るライブペインティングパフォーマー近藤康平氏のイラスト、メンバー監修のコンセプトフォトで表現した、全36ページの豪華書籍。
・2面紙ジャケット仕様
●通常盤CD [VICL-65406 / \1,500 +tax]
※CD収録内容をスマホで楽しめるプレイパス対象商品

ライブ・イベント情報

< The Songbards ワンマンツアー'20『色鳥探訪』>
11月15日(日)福岡 The Voodoo Lounge
11月17日(火)岡山 MO:GLA
11月20日(金)大阪・梅田 Shangri-La
12月 2日(水)愛知・名古屋 APOLLO BASE
12月18日(金)東京・渋谷 CLUB QUATTRO
この記事をツイート

この記事の関連情報