英ブリストルのポストパンク・バンド、アイドルズ新作完成

ツイート

2020年9月25日(金)、アイドルズがサード・アルバム『Ultra Mono』をPartisan Recordsよりリリースする。

◆アイドルズ 関連動画&画像

『Ultra Mono』はニック・ローネイ(Nick Cave、Yeah Yeah Yeahs、Arcade Fire)とアダム・グリーンスパン(Anna Calvi、Cut Copy)のプロデュースのもと、パリでレコーディング。ケニー・ビーツ(FKA Twigs、DaBaby、Vince Staples)が追加のプログラミングをおこない、アルバムのサウンドはヒップホップのレコードのフィーリングを捉えるように構築された。

積極的な駐留、包括性、階級、ジェンダーの不平等、ナショナリズム、コミュニティ、トキシック・マスカリニティ(有毒な男らしさ)など、今でも常に存在する事象がテーマとなり、過去の作品でも表現された痛烈な冷笑と露骨な社会評論は倍増したと言える。また、ジェニー・ベス(Savages)がゲスト・ボーカルとしてフィーチャーされ、ウォーレン・エリス(Nick Cave and the Bad Seeds)、デヴィッド・ヨウ、ジェイミー・カラムもコントリビューターとして参加している。


アイドルズは英ブリストルで結成されたのポストパンク・バンドだ。メンバーはジョー・タルボット(vocals)、アダム・デヴォンシャイア(bass)、マーク・ボーウェン(guitars)、リー・キアーナン(guitars)、ジョン・ボーランドヴィス(drums)の5人で、2017年にデビュー・アルバム『Brutalism』をリリース。アルバムは高い評価を獲得し、バンドはザ・マッカビーズやフー・ファイターズのサポートもおこなった。2018年にはセカンド・アルバム『Joy As An Act Of Resistance』をリリース。アルバムはUKチャートの5位を記録し、主要なメディアの大半はアルバムを同年の年間ベスト・アルバムの上位に選出。アイヴァー・ノヴェロ・アワードでベスト・アルバムを獲得し、マーキュリー・プライズにもノミネートされた。また、バンドはブリット・アワードのブレイクスルー・アーティストにもノミネートされたことでも知られる。


『ULTRA MONO』

2020年9月25日(金)世界同時発売
PTKF2186-2J[国内流通仕様] ¥2,300+税
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. War
2. Grounds
3. Mr. Motivator
4. Anxiety
5. Kill Them With Kindness
6. Model Village
7. Ne Touche Pas Moi (feat. Jehnny Beth)
8. Carcinogenic
9. Reigns
10. The Lover
11. A Hymn
12. Danke

◆アイドルズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報