三島想平(cinema staff)、初ソロアルバム『plan B』全曲配信スタート

ツイート

cinema staffの三島想平(B)が、初のソロ作品となるアルバム『plan B』を本日9月16日より配信リリースした。

◆トレーラー映像

アルバム『plan B』は“境界線を超える余裕・混沌・ユーモア”をコンセプトに、全楽曲の演奏、ミックス、マスタリングを三島がすべて一人で手掛けた。現在トレーラーも公開中だ。

「bet better」は三島のメロディセンスが爆発したポップソング。ソロ作品ならではの遊びゴコロやギミックが随所に詰まったアルバムの代表曲だ。先行配信された「plan B」もソロ作品だからこそ挑戦できたラップを披露。コロナ禍で聴く機会が増えたというヒップホップにインスパイアされ完成した楽曲となっている。

「tope-suicida」はベーシストらしさが溢れる全編ベースラインに耳を引き込まれる楽曲で、アルバムの中でもっとも内省的な歌詞の「dolce」はcinema staffの世界観を支えてきた三島の詩人としての才能が垣間見える。「偽物の男」はシンセサイザーが印象的なフレーズや全体の浮遊感を演出する、これまたソロアルバムならではの楽曲となった。

思慮深い三島のキャラクターと、音楽家としての懐の深さと多彩さが融合した、5曲とは思えない聴き応えを堪能してほしい。


■三島想平 デビューアルバム『plan B』

2020年9月16日(水)配信
[収録曲(全5曲)]
1. bet better
2. plan B
3. tope-suicida
4. dolce
5. 偽物の男


■配信サイト
https://lnk.to/_planB

◆三島想平 オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報