エルトン・ジョン、マーク・ボランの命日を前に追悼の言葉

ツイート


エルトン・ジョンが、マーク・ボランの命日(9月16日)を前に、彼と一緒に撮った写真をインスタグラムに投稿しボランを偲んだ。

◆エルトン・ジョンの投稿

「マーク・ボランは別の惑星からやって来たようだった。どこかへ向かう途中、地球に寄ったみたいな。僕がまだエルトン・ジョンになろうとしていたとき、彼は素晴らしいメンターで、1971年『Top Of The Pops』(英国の音楽番組)でT・レックスと“Bang A Gong (Get It On)”をプレイできたのは栄誉なことだった。それから50年近く経ち、U2とあの曲を再演し、たくさんの思い出が蘇った。マークはいい友達だった。そして、完璧なポップ・スターだった」



エルトンは、9月4日にリリースされたT・レックスのトリビュート・アルバム『AngelHeaded Hipster: The Songs of Marc Bolan and T. Rex』に参加し、U2と「Bang a Gong (Get It On)」をカバーした。同アルバムには、彼らほか、ニック・ケイヴ、ジョーン・ジェット、ペリー・ファレル、トッド・ラングレン、マーク・アーモンド、デヴィッド・ヨハンセン、ショーン・レノン、ジュリアン・レノン、ケシャらが参加している。

マーク・ボランは30歳の誕生日を2週間後に控えた1977年9月16日、ロンドン郊外で恋人が運転する車が事故に遭い死亡した。

T・レックス(マーク・ボラン、スティーヴ・カーリー、ミッキー・フィン、ビル・レジェンド)は今年、ロックの殿堂入りする。今年は新型コロナウイルスの影響を受け、セレモニーは開けず、11月7日に受賞のスピーチ、殿堂入りするミュージシャンおよび彼らに影響を受けたアーティストのインタビューなどをフィーチャーした特別番組が米HBOネットワークより放送される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報