ザ・ビートルズ、映画の公開に合わせ『GET BACK』公式本出版

ツイート
(C) Apple Corps Ltd

Callaway Arts & EntertainmentとApple Corps Ltd.は9月16日、ピーター・ジャクソンが監督したザ・ビートルズの新ドキュメンタリー映画『THE BEATLES: GET BACK』に合わせ、同名タイトルの公式本を出版することを発表した。

◆公開された動画

映画は当初、今年9月に劇場公開されるはずだったが、新型コロナウイルスの感染拡大により2021年8月終わりに延期された。

『The Beatles Anthology』以来のザ・ビートルズ・オフィシャル・ブックになるという『The Beatles: Get Back』(240ページ)には、『Let It Be』セッションでのメンバー間の対話の起こし、ルーフ・トップ・コンサートの模様、Ethan A. Russellやリンダ・マッカートニーが撮影した未公開写真多数が掲載され、映画鑑賞後、その余韻に浸ることができそうだ。

ピーター・ジャクソン監督が序文を執筆しており、内容は、アクト1: Twickenham Film Studios、アクト2: Apple Studios、アクト3: The Rooftop、後書き: What Happened Nextとのこと。

『THE BEATLES: GET BACK』は、映画が2021年8月27日公開で、本は8月31日に出版される予定。



9月16日、本の中身を紹介する映像が公開され、公式サイト(Getback.thebeatles.com)などで予約の受付が開始された。その1つ、Amazon.co.jpでは英語版ではあるが6,959円で予約を受け付けている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報