BOSS、YouTube動画とのセッションが手軽に楽しめるポケットサイズのギター用エフェクト「Pocket GT」

ツイート

ローランド/BOSSブランドから、エレキギターの練習や、YouTubeの動画コンテンツに合わせた演奏を手軽に楽しめるアイテムが登場。小型エフェクツ・プロセッサー「Pocket GT」が9月26日に発売される。

いまや当たり前となったオンライン・コンテンツの活用。動画を使ったレッスンやトレーニング、そして憧れのミュージシャンの楽曲に合わせたセッションなどを楽しんでいるギタリストも多いはず。しかし、動画を再生しながら心地よいサウンドで演奏するには、スマホをギターアンプやエフェクターと接続して音声をミックスするなど、機材の用意や設定の手間が彼らの悩みでもあった。それを解決してくれるアイテムが、「Pocket GT」だ。


「Pocket GT」は、YouTube動画とのセッションやレッスン、トレーニングを、より楽しく、より手軽に、BOSSの高品位なサウンドで楽しむことができる、現代のギタリストのライフスタイルに最適なエフェクツ・プロセッサー。Bluetooth機能搭載でスマホなどとのワイヤレス接続に対応。専用のアプリ「BOSS TONE STUDIO」(Windows/Mac、Android/iOS対応)を使って、YouTube動画再生の操作ができ、お気に入りのアーティスト動画の練習したい部分をすばやく再生するなど、便利な機能を多数搭載している。動画のセッション・リストを作成したり、集中的に練習したい部分のリピート再生や曲中に設定したマーカーに合わせての音色切り替えも可能。ボーカルやギター・ソロの音量を下げるセンター・キャンセルも備える。


ポケットサイズの本体には、BOSSのマルチ・エフェクターの人気モデル「GT-1」と同等のサウンド・エンジンを搭載。プロも愛用する100以上ものアンプやエフェクターを内蔵し、接続順まで含めた緻密なセッティングが可能だ。憧れのギタリストを彷彿とさせるサウンドから、演奏者の感性を生かしたオリジナルの音色まで、幅広く楽しめる。「GT-1」と音色データのインポート/エクスポートができる互換性も魅力だ。

また、コンテンツ・サイト「BOSS TONE CENTRAL」の充実したサウンド・ライブラリから好みのギター・サウンドをダウンロードして「Pocket GT」で演奏することも可能。さらに最大4時間の連続使用が可能な充電式バッテリーの内蔵もうれしいポイント。どこでもカンタンにギター演奏を楽しむことができる。

Bluetoothによるワイヤレスストリーミングでスマホとワイヤレス接続できるほか、AUX IN端子でBluetooth非対応の音楽プレーヤーやリズムマシンとも接続可能。さらにUSBオーディオ機能により、パソコンでの音楽制作にも対応。「Pocket GT」のギター・サウンドをダイレクトにレコーディングすることができる。現代のギタリストなら要チェックのアイテムだ。

製品情報

◆Pocket GT
価格:オープン(市場想定価格 25,300円前後 税込)
発売日:2020年9月26日
この記事をツイート

この記事の関連情報