坂本龍一、2020年の活動と記憶の断片を収めるプロジェクトが始動

ツイート
Photo by zakkubalan (C)2017 Kab Inc.

坂本龍一の2020年の活動と記憶の断片を収める『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』が始動する。

2020年3月、坂本龍一の1年の活動をまとめたコンプリートアートボックス『Ryuichi Sakamoto 2019』が発売された。本作は“坂本龍一コンサート”をコンセプトに、2019年の公表楽曲を収録したLPの他、唐紙作品や肖像画、コンサートで実際に使用している愛用のお香を添え、まるで坂本のコンサートへ足を運んだ時の感覚を全身で感じることができる仕様であった。細部までこだわり尽くしたボックスは、200点限定で販売。発売開始後すぐに完売した。

そして今年も、プロジェクト名を『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』とし、デザイナーに「現代における日本の文化創造」をコンセプトとして和食料理店「八雲茶寮」、和菓子店「HIGASHIYA」、プロダクトブランド「Sゝゝ[エス]」などを展開しているSIMPLICITYの緒方慎一郎を迎え、坂本の1年の活動を収めるコンプリートアートボックスの第二弾の制作・販売が決定した。

現在、特設ティザーサイトがオープンになり、緒方慎一郎氏による本作品のコンセプトや背景などを語るインタビューも公開されている。

今作のマスターコンセプトは“凵(はこ)”。立体的な木製の箱を使用し、引き出し状になった箱を開けると各段にLPなどが1つずつ収納されるようになっている。デザインコンセプトは“記憶の断片”で、今作を形成する3つのキーワードとして“自然回帰”、“空(うつ)”、“はかなさ”を挙げている。このテーマ性を大きく担うのが、LPと共に同封される陶器の断片だ。坂本が絵付けをした陶器のお皿を割り、断片を同封するとともに、割る音を収録して、購入者特典の書き下ろし曲に使用する模様。

今後もティザーサイトでは制作に関わる関係者のインタビューなど、長期に亘る制作過程を伝えるべく記事が更新されていく予定だ。また、commmonsのSNSでは、今年の作品の世界観を伝えるティザームービーも公開されている。



『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』

作品名:未定
2021年3月30日(火)発売/2020年10月下旬予約開始

◆『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報