“ミュージック・ナース”MISIA、医療従事者支援のためのライヴ開催

ツイート


政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う大規模イベントの人数制限の緩和を発表した9月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり、MISIAが東京・国際フォーラムにて医療従事者支援を目的としたライヴ<MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020~Support for Medical Professionals~>を開催した。

本公演では、新型コロナウィルス感染症に関連した政府要請を受け、通常の公演よりも客席を半分以下に減らすことでソーシャルディスタンスを確保し、入場時の検温、手指消毒など、感染拡大防止の対策を実施した。また本公演の収益の一部は、新型コロナウイルスの対応にあたる医療従事者を支援する活動へ寄付される。

ライヴが始まると、トランペッター黒田卓也を中心としたバンドの重厚で華やかな音が会場に響き渡った。ステージ上ではMISIAを中心に全員が真っ白い衣装に身を包んでおり、これは本公演が全国の医療従事者支援のために行われていることを意味している。またMISIAは、自らを音楽で元気を与える“ミュージック・ナース”、そしてバンドメンバーを“ミュージック・ドクター”と名付け、会場を盛り上げた。



オープニングのファンクナンバー「CASSA LATTE」の後のMCでは、衣装に合わせてデザインした特製のマスクを外し、「会いたかったよー!」と満面の笑みで挨拶をしたMISIA。東京国際フォーラム ホールAで配信も含めてライヴが行われるのは、実に半年ぶりであり、「半年前に比べたらずいぶん感染防止対策だったり、システムだったり、私たち自身の体勢だったりも整ってきた部分があるのかなと感じます」とMCで触れていた。

冒頭2曲目には、9月16日(水)に配信リリースされたばかりの新曲で、現在JRAの馬術競技応援CMソングとして起用されている「君の背中にはいつも愛がある」を初披露した。自身の干支でもある“馬”への愛をテーマに書き上げられた楽曲ではあるが、コロナ渦において、生の音楽を求めていた観客たちへの心に寄り添うエールにも感じられるようなパフォーマンスだった。なおMISIAはこの間、「音楽の灯を消さない」を合言葉に、ライヴハウス支援のために<MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020>を行ったり、また、自らの寄付により「mudefお弁当プロジェクト」を立ち上げ、新型コロナウイルス感染症治療にあたる医療従事者支援として、都内の病院にお弁当を届けるというプロジェクトを実施してきた。



新曲「君の背中にはいつも愛がある」の曲紹介の言葉にも、「共に生きる喜びを伝えたくて作りました。喜びも悲しみも分かちあって生きていけたらと思います」と語った。そして、「私たちは今あるものよりも、ないものにすごくパニックしてしまって、いがみあったり責めあったり差別しあったりっていう状況がニュースを見ていると多いように思うんです。でも冷静になって、今私たちが持っているものをフル活用して助け合う社会を今一度構築できないかなって思います」というMCに続け、新型コロナウイルス感染拡大の収束を願って作詞した「さよならも言わないままで」をパフォーマンス。また、本編後半は「Everything」に続いて「アイノカタチ」を披露。そしてラストは、「あなたにスマイル」で盛り上げた。



アンコールは、博多弁の歌詞がキュートで新鮮な最新曲「好いとっと」を披露し、言葉と演奏のグルーヴが合わさり会場が一体となった。MISIAの意思と想いに貫かれた今回のライヴは、新たなエンタテインメントの始まりとして記憶されるだろう。

photo by:Santin Aki

■<MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020 ~Support for Medical Professionals~>

2020年9月19日(土)・20日(日)東京国際フォーラムホールA
1st show 開場15:00/開演16:00
2nd show 開場19:00/開演20:00

-セットリスト(9/20公演)-
M1.CASSA LATTE
M2.Mercy Mercy Me
M3.君の背中にはいつも愛がある
M4.さよならも言わないままで
M5.明日へ
M6.Everything
M7.アイノカタチ
M8.あなたにスマイル
EN1.好いとっと

■配信シングル2作品同時リリース

9月16日(水)発売 
「君の背中にはいつも愛がある」
https://va.lnk.to/PV6KWf



「好いとっと」
https://va.lnk.to/LrQJk5


この記事をツイート

この記事の関連情報