BENI、入籍・妊娠を発表。“Beni Daniels”として世界に向けた活動をスタート

ツイート

BENIが、“Beni Daniels”として世界に向けての活動をスタートさせることを発表した。同名義によるデビューEP「MADE IN LOVE」が9⽉30⽇にリリースされる。

◆Beni Daniels画像

BENIは本日9月21日、ファンへ向けたメッセージの中で入籍と妊娠を報告。これにあわせて、Beni Danielsとしての活動開始が発表された。



EP「MADE IN LOVE」は8曲入り。お腹の⼦の⼼⾳を録⾳してトラックにも使⽤し、“愛”の形を⾳楽で残した表題曲「Made In Love」をはじめ、今シーズン、アメリカメジャーリーグに移籍した筒⾹嘉智選⼿から依頼を受け制作した応援ソング「Do It」や、 Devin Morrisonを迎えたデュエットソング「UI」、Maika Loubté制作の「New Language」、ジャネット・ジャクソンの名曲をカバーした「That's The Way Love Goes」などが収録されるという。9月22日からは、「Made In Love」の先⾏配信もスタートする。

   ◆   ◆   ◆

■BENI コメント

ファンの皆様へ
この度、私BENIは⼀般男性の⽅と⼊籍を致しました。また、お腹には新たな命も授かっていて来年、⺟になります。
そして、数年前から全英詞の楽曲の制作を⾏い、今回⼥性としての転機となる今を形に残すべく、アメリカ名Beni Danielsでの活動もスタートすることとなりました。
16年間⽀えてきてくれたファンの皆様をはじめ、関係者の皆様にはとても感謝しています。
新しいステージに⽴ちますが今まで通りBENIの活動を通じて皆さんに沢⼭の愛を届けていきますので、今後とも応援よろしくお願い致します。

Thank you for your love and support.

2020.9.21
BENI

   ◆   ◆   ◆

EP「MADE IN LOVE」

2020年9⽉30⽇(⽔)発売
BEDROCK-330 ¥2,500(税込)

収録楽曲:
01. New Language feat. Maika Loubté
02. Made In Love
03. Do It
04. Unison
05. UI feat. Devin Morrison
06. Rm 302
07. your love + my love
08. That’s The Way Love Goes

この記事をツイート

この記事の関連情報