9mm、書き下ろし新曲が新日本プロレス<G1 CLIMAX 30>大会テーマソングに決定

ツイート

9mm Parabellum Bulletの新曲「Blazing Souls」が、新日本プロレスの最強決定リーグ戦<レック Presents G1 CLIMAX 30>のテーマソングに決定した。

<G1 CLIMAX>は、新日本プロレスが開催する最大級のヘビー級シングルリーグ戦だ。今年2020年は、初の秋開催かつ30周年記念というメモリアルな大会として注目を集めている。

同大会のテーマソング「Blazing Souls」は、新日本プロレスからの楽曲要望を受けて書き下ろされた楽曲で、10月21日(水)に配信リリースを予定。同曲はすでに各会場で試合前や大会オープニング映像に使用されており、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』の10月~11月エンディング曲としてもオンエア予定となっている。

   ◆   ◆   ◆

■滝 善充(G) コメント

この曲は、<G1 CLIMAX>の大会の映像を見て自然に思い浮かんだフレーズと、自分がもともと持ってたプロレスのイメージとの組み合わせで作りました。

70年代や80年代のアメリカのハードロックの要素を、現代のサウンドと日本の解釈で演奏しています。

何度倒れても立ち上がっていくような気合いが表現できたと思います。

   ◆   ◆   ◆

■楽曲情報

「Blazing Souls」
2020年10月21日(水)配信リリース予定
<レック Presents G1 CLIMAX 30>テーマソング

<レック Presents G1 CLIMAX 30>オフィシャルサイト:
https://www.g1climax.jp/

「ワールドプロレスリング」オフィシャルサイト:
https://www.tv-asahi.co.jp/wrestling/

■リリース情報

■11thシングル「白夜の日々」
2020年9月9日(水)発売
COCA-17780/¥1,000+税
1. 白夜の日々
2. ロードムービー
3. Calm Down

■トリビュートアルバム『CHAOSMOLOGY』
2020年9月9日(水)発売
COCP-41241~2/¥4,000+税
【Disc1】
1. UNISON SQUARE GARDEN 「Vampiregirl」
2. BLUE ENCOUNT 「Supernova」
3. BiSH 「Discommunication」
4. THE BACK HORN 「キャンドルの灯を」
5. FLOWER FLOWER 「名もなきヒーロー」
6. a flood of circle 「Black Market Blues」
7. cinema staff 「Talking Machine」
8. チャラン・ポ・ランタン 「ハートに火をつけて」
9. ストレイテナー 「カモメ」

【Disc2(instrumental) 】
1. SPECIAL OTHERS 「Wanderland」
2. fox capture plan 「ガラスの街のアリス」
3. mudy on the 昨晩 「Punishment」
4. LITE 「次の駅まで」
5. DEPAPEPE 「スタンドバイミー」
6. Ryu Matsuyama 「The World」
7. アルカラ 「Living Dying Message」
8. キツネツキfeat.タブゾンビ(SOIL&“PIMP”SESSIONS)&栗原健 「黒い森の旅人」
9. →Pia-no-jaC← 「ハートに火をつけて」

■映像配信情報

『9mm Parabellum Bullet presents「白夜の百年」』
アーカイブ期間:2020年10月3日(土)23:59まで
Guest:チャラン・ポ・ランタン/岸本 亮(fox capture plan)/ホリエアツシ(ストレイテナー)
視聴チケット:¥2,999(税込)
チケット購入URL:https://eplus.jp/9mm0909st/
※別途システム利用料¥220/枚必要になります。

この記事をツイート

この記事の関連情報