エース・フレーリー「キッスのオリジナル・メンバーはみんな友達」

ツイート

エース・フレーリーによると、メディアはいろいろ言っているが、キッスのオリジナル・メンバー4人(ポール・スタンレー、ジーン・シモンズ、ピーター・クリス、フレーリー)は今でも友達だという。

彼は、今週月曜日(9月21日)ゲスト出演した米ラジオ番組『Trunk Nation With Eddie Trunk』で、スタンレーやシモンズと連絡を取り合っているか問われると、こう答えた。「彼らとは時々、メッセージを交換してる。2週間くらい前、ジーンから電話があった。まだかけ直してないけど。このところ引っ越しや荷ほどき、デザインなんかでてんてこ舞いなんだ。新しい家に作ったスタジオ、俺が設計したんだよ。だから大忙しだ。でも、ジーンには電話するよ。ポールとは時々話してる。ピーターと彼の妻とも話してる。俺らは全員、友達だ」

「メディアは俺らが嫌い合ってるって話をでっち上げていて残念だ。俺とピーター、ポール、ジーンはキッスのオリジナル・メンバーで、40年以上続くあれらを創り、成し遂げてきたんだ」

それならば、キッスが現行のラスト・ツアーを終える前にリユニオンはあり得るのかと問われると、「その可能性はあると俺は思う。でも、彼らはポケットの奥まで手を突っ込まないとな」と答えた。「俺はただじゃステージに上がらないよ。俺は好きだからやるんだ。でも、金も好きだ」

キッスの<End Of The Road>世界ツアーは当初、2021年7月17日にニューヨークで幕を閉じる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により多くの公演が延期され、現時点、最終公演の日程は未定。

フレーリーは先週金曜日(9月18日)、彼が影響を受けたアーティストの曲をカバーしたアルバム『ORIGINS VOL.2』をリリースした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報