Kjが立ち上げたThe Ravens、初楽曲「Golden Angle」がモンスト7周年タイアップ曲に

ツイート


Dragon AshのKjが信頼する仲間たちと立ち上げたバンド、The Ravens(ザ レイヴンズ)名義で制作した初の楽曲「Golden Angle」が、「モンスターストライク」のタイアップソングに決定した。

KjはDragon Ashの活動と併行して、自身のソロプロジェクトを2015年に開始した。レコーディングはChambersと名づけた個人スタジオで、全ての楽器を1人で演奏し、全てのマテリアルデザインも1人で行うなどソロアーティストとして、純度の高い創作スタイルでの活動を行っている。そして同年『Everything Becomes The Music』、2018年には『THE PENDULUM』と2枚のアルバムをリリースした。

そんな中、生み出された楽曲をライブで披露するために結成されたのがThe Ravensである。1stライブはアルバム『Everything Becomes The Music』のリリース日に生配信されたスタジオセッションで、その後フェスや野外イベントへ出演し、2018年に行われたワンマンツアーからバンド名をThe Ravensとしてライブを行うことになった。The Ravensのメンバーは、Kj(Vo・G)を中心に、ギター・PABLO(Pay money To my Pain/POLPO/M.E.D.S)、ベース・武史(山嵐/OZROSAURUS)、キーボード・渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、ドラム・櫻井誠(Dr・Dragon Ash)。5年の歳月を経て、この度バンド名義での新曲「Golden Angle」制作に至った。

「Golden Angle」は、自身がモンストファンと公言するKjが、モンスト7周年感謝キャンペーンにおけるモンスト7周年共創プロジェクトに際して書き下ろした。また、今回の楽曲制作に至る経緯など、楽曲にこめる思いなどを語るインタビュー映像が、本日9月24日より公開されるモンスト7周年特設サイトで楽しむことができる。

この記事をツイート

この記事の関連情報