カワイ、有機ELディスプレイやBluetooth Audioを新たに搭載、自動伴奏も楽しめるスタイリッシュなデジタルピアノ「ES920」

ツイート

河合楽器製作所からデジタルピアノ「ESシリーズ」の新製品が新たなデザインで登場。さらにポータブルになった「ES920」が10月8日に発売される。

「ESシリーズ」は、コンパクトなボディでありながら鍵盤と音源にもこだわったデジタルピアノ。2000年の発売以来、自宅だけでなくステージなどのタフなシーンでも愛用されているシリーズだ。

今回登場の「ES920」は、ホワイトとブラックの2カラーをラインナップ。ピアノらしい弾き応えの「レスポンシブ・ハンマー・アクションIII」はそのままに、有機ELディスプレイやBluetooth Audioなどの追加で機能性を向上。また、音域ごとに音量を調節できる「4バンドイコライザー」を新たに追加したことで、従来から搭載している自動演奏をバックに演奏を楽しめる「リズムセクション機能」とあわせて、幅広い楽しみ方を体感できるピアノとなっている。

新モデルではデザインを一新し、軽やかなイメージに仕上げたことでスタイリッシュな外観に。本体の素材の変更で従来より約5.5kgもの軽量化に成功し、持ち運びしやすくなっているのもポイントだ(本体重量は17kg)。また、新たに搭載した2.4インチ有機ELディスプレイは、視認性が高く斜めからでも見やすいため、画面を覗き込むことなく操作をスムーズに行える。


▲鍵盤に置くにスライダーで調整できる4バンドイコライザーを新たに搭載。

4バンドイコライザーも新機能の一つ。低域から高域まで4つの周波数帯に分け、各帯域ごとのレベルを調整できるので、好みの音質にすることが可能だ。音量変更の操作は直感的に素早くコントロールできるスライド式。演奏する曲や場所、好みに応じて最適な音質で楽しめる。

スマホやタブレットと無線で接続し、お気に入りの楽曲を「ES920」のスピーカーで楽しむことができるBluetooth Audioも追加。標準的なSBCコーデックよりも高音質で遅延の少ないaptXに対応しているのも見逃せない。MIDIに対応したアプリをワイヤレス通信で楽しめるBluetooth MIDIにも対応する。

前モデルから引き継いだ「レスポンシブ・ハンマー・アクションIII」鍵盤は、グランドピアノの弾き応えを再現するために開発されたもので、鍵盤ウェイト搭載により木製鍵盤に近いタッチを実現しているのが特徴。さらに鍵盤素材には象牙鍵盤の触感を再現したアイボリータッチを採用。ポータブルなデジタルピアノでありながら、本格的なタッチを楽しめる。また、グランドピアノ特有の鍵盤をゆっくりと押さえ切った時に感じるクリック感を再現したレットオフ・フィール機構も備える。


▲鍵盤の質量、ハンマーのおもりなど、細部までこだわった「レスポンシブ・ハンマー・アクションIII」を搭載。鍵盤追従性やコントロール性も高く、繊細な演奏表現が可能。

音源はHI-XL 88鍵ステレオサンプリングピアノ音源を採用。グランドピアノ音色は世界的な国際ピアノコンクールに公式採用されているフルコンサートグランドピアノ「SK-EX」と「EX」を搭載。さらにミドルサイズのグランドピアノ「SK-5」の音色も搭載し、楽曲や演奏シーンに合わせて音源を選ぶことができる。また、ピアノ以外の音源のクオリティを刷新。ストリングスやベースなど幅広い音源を高音質で楽しめる。

自動演奏をバックに演奏を楽しめるリズムセクション機能は、カワイデジタルピアノの現行モデルの中で本機が唯一搭載。ドラムやギターなどさまざまな音源の自動演奏をバックにピアノ演奏を楽しめるもので、内蔵する100パターンのコード進行やリズムから好みの演奏を選んで流せば、手軽にセッションも可能だ。

このほか、スピーカーシステムにはナチュラルでフラットな特性を持つ8×12cmの高性能フルレンジスピーカーを搭載、調律師が行うようなピアノ音の調整ができるコンサートチューナー機能や、立体感と臨場感のある音を再現するスペイシャル・ヘッドホン・サウンドなどの機能を備える。

製品情報

◆ES920
カラー:ホワイト(ES920W)、ブラック(ES920B)
価格:160,000円(税別)
発売日:2020年10月8日

関連画像&映像

◆河合楽器製作所 画像
この記事をツイート

この記事の関連情報