マリリン・マンソン、人気ドラマ「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダスと共演した「DON’T CHASE THE DEAD」MV公開

ツイート

マリリン・マンソンの最新アルバム『WE ARE CHAOS』が、米ビルボード・トップ200で初登場8位を記録した。

◆マリリン・マンソン 関連動画&画像

このアルバムでマンソンは8作連続でトップ10入りを果たし、Top Rock Albums、Hard Rock Albums、Independent Albums、Vinyl Albums、Top Current Album Salesでは1位を獲得している。また各国でも『WE ARE CHAOS』はトップ10入りを果たしており、「今、我々を取り囲んでいる混沌と混乱に対し、今回のマンソンは一服の休息、慈悲、明晰さ、そしてこれまでで最も人間的な作品を完成させた」(NME)、「予想外に大胆でアーティスティック。マンソンは過小評価するのは危険なアーティストであることを思い知るだろう」(Kerrang!) 、「素晴らしい...音楽性とソングライティングはマンソンのキャリアの中でも最高のものだ」(Consequence of Sound)と、海外の著名な音楽媒体にて高い評価を獲得している。


本日、アルバムから新たに「DON'T CHASE THE DEAD」のミュージック・ビデオ公開された。同MVでは、人気ドラマ「ウォーキング・デッド」の出演で知られる俳優ノーマン・リーダスとマンソンが共演を果たしている。

アルバムについてマンソンは以下のように語っている。「シューターと俺がこのアルバムを作ろうと決めたのはほぼ二年前だ。二人ともツアーをやっていたから、スケジュールの都合をつけなければならなかった。シューターも俺もブライアン・イーノ時代のボウイが大好きだった。彼との曲作りにあたって新しいことに挑むのに怯んだりしなかったし、彼は古いものを試すことへの不安を拭い去る手助けもしてくれた。新しさを追求しつつもマリリン・マンソンの魂を貫けるように、彼はプロデューサーとして俺を極限まで追い込んでくれた。彼の助言のおかげで、いつも捉えようとしている異次元的要素を吹き込むことができた。今『WE ARE CHAOS』を聞くと、まるでつい昨日やったばかりのような、まったく同じ一日を繰り返しているような感じがする。いつものことだが、タイトル曲や物語を作ると、あたかも今日書きあげたような気分になる。この作品はレコーディングが終わるまで誰にも聞かせなかった。従来的な意味でA面とB面があるのは間違いない。だが、ちょうどLPのように、こいつは平たい円盤だ。歌が織りなす絵にパズルの最後のピースをはめ込むのはリスナーだ」。


ニュー・アルバム『WE ARE CHAOS』

2020年9月11日(金)発売
UICB-10001 ¥2,500+税
※ボーナス・トラック2曲収録
試聴/購入リンク: https://caroline.lnk.to/WEARECHAOS

■トラックリスト
1. RED BLACK AND BLUE
2. WE ARE CHAOS
3. DON’T CHASE THE DEAD
4. PAINT YOU WITH MY LOVE
5. HALF-WAY & ONE STEP FORWARD
6. INFINITE DARKNESS
7. PERFUME
8. KEEP MY HEAD TOGETHER
9. SOLVE COAGULA
10. BROKEN NEEDLE
11. WE ARE CHAOS [ACOUSTIC]*
12. BROKEN NEEDLE [ACOUSTIC]*
* ボーナス・トラック

この記事をツイート

この記事の関連情報