全英アルバム・チャート、ポップ・スモークの遺作が遂に1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、アメリカ人のラッパー、ポップ・スモークの死後リリースされたデビュー・アルバム『Shoot For The Stars, Aim For The Moon』がチャート・イン後12週目にして1位を獲得した。ポップ・スモークは今年2月、自宅に押し入った男たちにより射殺された。まだ20歳だった。『Shoot For The Stars, Aim For The Moon』は7月にリリースされ、全米では初登場1位。全英では2位にチャート・インし、11週間2~6位の間を上下していた。

◆全英チャート 関連画像、動画

2位には、アメリカの女性シンガー・ソングライター、エイバ・マックスのデビュー・アルバム『Heaven & Hell』が初登場。今週は2~5位が新作で占められ、3位に英国のラッパーPotter Payper『Training Day 3』、4位にユスフ(キャット・スティーヴンス)の『Tea For The Tillerman 2』、5位にニック・メイスンズ・ソーサーフル・オブ・シークレッツのライブ・アルバム『Live At The Roundhouse』がチャート・インした。

また、6月に18位に初登場していたラン・ザ・ジュエルズの『RTJ4』がCDやヴィニール盤を発売したことで9位に上昇し、初めてトップ10入りしている。



シングル・チャートは、アメリカ人のラッパー24kGoldnの「Mood」が先週の2位から1ランク・アップし、初の1位に輝いた。代わって、先週まで3週連続でトップだったカーディ・Bとミーガン・ザ・スタリオンの「WAP」が2位に後退。UKのラッパー、Headie Oneの「Ain’t It Different」が3位をキープした。

今週新たにトップ10入りしたのは2曲あり、プロデューサー集団Internet Moneyの「Lemonade」が先週の16位から8位に上昇し、チャンス・ザ・ラッパーをフィーチャーしたジャスティン・ビーバーの新曲「Holy」が10位に初登場している。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報