【レポート】<THE SOLAR BUDOKAN>DAY2、Nothing’s Carved In Stone「信念のあるフェス、稀有なイベントだと思っています」

ツイート

薄暗いステージに並ぶエフェクターと、そのスイッチを踏む足元。生方真一(G)の鳴らすギターサウンドを合図に、村松 拓(Vo, G)、日向秀和(B)、大喜多崇規(Dr)も、軽く音出しを始める。セッションのように呼吸を合わせたところで、Nothing's Carved In Stoneのステージは始まった。

◆Nothing’s Carved In Stone 画像

彼らが1曲目に選んだのは、8月に発表したセルフカバーアルバム『Futures』からの「NEW HORIZON」。メンバーの後ろ側には、ガラスを通して東京の景色が広がっている。まるで天空のステージで響かせるようなライブだ。そこから未来に向けた咆哮とも言える楽曲を轟かせる姿は、とてつもなくカッコいい。


さら続くのは、やはり『Futures』に収録された曲の数々だ。そこには1970年代のブリティッシュロックの魅力もあれば、メンバーがパンクを通してリアルタイムで育んできた熱いエネルギーも流れている。またメンバーそれぞれがテクニカルなミュージシャンだが、彼らのテクは人に見せるワザとしてではなく、自身の感情を伝えるためにある。豪快なプレイといいグルーヴといい、こちらの気持ちを見事にかき乱してくれる。そして村松のソウルシンガーにも通じるようなエモーショナルで力強い歌声は、こちらの魂を直撃する。





「呼んでいただき光栄です。Nothing's Careved In Stoneです。最後までよろしくお願いします」──村松 拓

村松の短い挨拶を挟んで突入したのは「Midnight Train」。大喜多の刻むリズムに、日向のスラップ奏法が絡み、生方がリズミックに分散和音を奏でる。洗練されたアンサンブルだが、しかしナッシングス流のグルーヴはしっかりと貫かれる。ミッドナイトにはまだまだ早いが、メンバーの後方に広がるのは、すっかり暗くなった東京の夜景。ビルの明かりも色鮮やかだ。ライブでありながら、曲調と相まってミュージックビデオのように絵になっている4人でもある。

とはいえ「Milestone」では、起伏ある流れを作りながらギターソロを炸裂させる生方。嬉しそうな表情を見せながらとんでもないフレージングで攻める日向。恐ろしい手数で曲を熱く彩る大喜多の姿も。





「ライブしているのが当たり前だった毎日ではなくなって…。今日、目の前にお客さんいないですけど、ここに集まっている人たちの前で演奏するだけで、やっぱ気持ちいいな。今回は中津川という名前が取れて、<THE SOLAR BUDOKAN>になってますけど、信念のあるフェス、稀有なイベントだと思っています。毎年出させていただいていて、今年、カメラ越しですけど、ステージに立てて嬉しいです。俺らは音楽をやりたくてやっているんで、発信し続けていけたらいいなと。くよくよしていてもしょうがないんで、変わらずいつも通りやっていきます」──村松 拓

その言葉から始まったのは新曲「Dream in the Dark」。その曲名からも分かるように、暗闇の中から見つけ出した夢や光などが描かれている。サビを歌い終えた村松は、力の入った表情で「行こうぜ!」と、みんなの背中を押すようにメッセージを投げた。


「最高だな。またライブします。そのときまで、みなさん、元気で」──村松 拓

今度は生のライブで会うことを約束して、ラストは『Futures』でも最後を締めくくっていた「BLUE SHADOW」へ。不安や葛藤があっても、まずは自分を信じて行動を起こせ。そんなメッセージが詞に込められている。こんな状況が半年以上も続いている今だからこそ、さらに意味を持って響いてくる。ライブならではの生々しいナッシングスサウンドと一緒になって、こっちの気持ちを覚醒し続けていった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎柴田恵理

【Nothing’s Carved In Stone@Billboard Live TOKYO セットリスト】

01. NEW HORIZON
02. YOUTH City
03. Spirit Inspiration
04. Midnight Train
05. Milestone
06. Out of Control
07. Dream in the Dark
08. BLUE SHADOW

【配信第一週目タイムテーブル】

■ハイブリッド型オンラインフェス<THE SOLAR BUDOKAN 2020>

▼DAY1
9月26日(土) 15:00〜21:00
※アーカイブ期間:10月2日(金)23:59まで
出演者:シアターブルック / a flood of circle / 怒髪天 / 奥田民生 / 田島貴男 (ORIGINAL LOVE) / PUSHIM with HOME GROWN / 小坂忠 with SOLAR JAM (佐藤タイジ・KenKen・Dr.kyOn・沼澤尚) / NOTHING BUT THE FUNK (US)
▼DAY2
9月27日(日) 15:00〜21:00
※アーカイブ期間:10月2日(金)23:59まで
出演者:ACIDMAN / the band apart / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS / 武藤昭平with ウエノコウジ / Nothing’s Carved In Stone / ROVO / The Sunpaulo / Cian Ciaran from Super Furry Animals (UK)
▼DAY3
10月3日(土) 15:00〜21:00
※アーカイブ期間:10月9日(金)23:59まで
出演者:Anly / THE BAWDIES / ComplianS (佐藤タイジ・KenKen) / 藤原さくら / NakamuraEmi / 四星球 / ストレイテナー / Major in Body Bear (Taiwan) / ヤバイTシャツ屋さん
▼DAY4
10月4日(日) 15:00〜21:00
※アーカイブ期間:10月9日(金)23:59まで
出演者:Afro Begue feat. ComplianS / THE BACK HORN / Char / 民謡クルセイダーズ / 仲井戸“CHABO”麗市 / OAU / ROTH BART BARON / 竹原ピストル / 10-FEET
※仲井戸“CHABO”麗市はコメント出演と<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>でのSPECIAL SESSIONを配信予定

【チケット】
販売開始:9月9日(水)18:00〜イープラスにて
・1日券:3,000円 (税込)
・1日券 [サポート1000]:4,000円 (税込)
・1日券 [サポート2000]:5,000円 (税込)
https://eplus.jp/tsb20-st/


この記事をツイート

この記事の関連情報