全米アルバム・チャート、テイラー・スウィフトが1位に返り咲き、新記録樹立

ツイート
Photo by BETH GARRABRANT

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、テイラー・スウィフトの『folklore』が先週の4位から再浮上し、非連続7週目の1位に輝いた。これで、テイラーはBillboard 200チャートで累計47週間1位を獲得したことになり、ホイットニー・ヒューストンの記録(46週間)を超え、女性アーティストでは最多となった。

男性アーティストを含むと、史上最多はザ・ビートルズの132週間で、エルヴィス・プレスリーの67週、ガース・ブルックスの52週、マイケル・ジャクソンの51週と続き、テイラーは5番目につける。

今週のアルバム・チャートの2位は先週と変わらず、ポップ・スモークの『Shoot For The Stars, Aim For The Moon』がキープ。先週1位に初登場したヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインのセカンド『Top』が3位に後退した。

今週新たにトップ10入りしたのは4作あり、アリシア・キーズの約4年ぶりのスタジオ・アルバム『ALICIA』が4位、ラッパーMoneybagg YoとBlac Youngstaがコラボしたミックステープ『Code Red』が6位、カントリー・シンガー、キース・アーバンの新作『The Speed Of Now Part 1』が7位、18歳のラッパー、リル・テッカのデビュー・アルバム『Virgo World』が10位にチャート・インした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報