CHEMISTRY、12月に有観客&配信によるライブ<Gift>開催

ツイート


来年2021年にデビュー20周年を迎えるCHEMISTRYが、9月27日(日)に配信ライブを開催した。

コロナ禍の中、初めて行われた配信ワンマンライブは<TWO IS ONE>と銘打たれ、19年前2001年6月12日にCHEMISTRYが初めてライブを行った想い出の会場である恵比寿ガーデンルームにて行われた。「PIECES OF A DREAM」、「Point of No Return」をはじめとする代表曲の数々や、2017年の再始動以降の楽曲が今回のライブのためだけにアレンジされ、アンコールも含めて全11曲を熱唱した。また、ライブ配信を鑑賞しながら川畑要、堂珍嘉邦それぞれがプロデュースしたパスタとスウィーツを自宅にお届けするデリバリーサービスも実施し、いまこの時期ならではの楽しみ方も提案した。







なお、ライブの終盤では、12月26日(土)に恵比寿ザ・ガーデンホールにて今年初の有観客&配信ライブ<Gift>を開催することがメンバーの口から発表され、川畑要は「まだまだ2020年は終わらないので、楽しみにしていてほしい」と意気込みを語った。また終演後、感想を求められた堂珍嘉邦は「(有観客の)ライブが今できない、こうやってリモートで届けられることが嬉しいし、有難い」とコメントした。

■CHEMISTRY LIVE & STREAMING<Gift>

2020年12月26日(土)
OPEN17:00/START18:00
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール

この記事をツイート

この記事の関連情報