michel ko、初EP『bleu』収録曲「Deja Vu」のMVを公開

ツイート

michel koが初EP『bleu』を9月30日にリリース。「DejaVu」のミュージックビデオを公開した(https://youtu.be/QvqRPgpHa54)。

EP『bleu』は、彼の持ち前であるユニークな声色と構成スタイルを維持しながら、収録されている5つのトラックすべてが複数のジャンルの影響を受けたフュージョンサウンドを表現したもの。長年の協力者であり友人でもあるKRICKが、エグゼクティブプロデューサーを務め、幼なじみのHarri Lanも制作に大きく貢献した。

収録曲は、ボーカルとラップ、トラップとR&B曲が融合した曲「O.M.G」から始まり、流行のダンスポップソングであるリード曲の「DejaVu」、先日先行リリースしたロックを吹き込んだポップソング「Back To The Future(1999)」に続く。そこからEPは、リスナーに彼の高いファルセットノートを味わわせるミニマルなLofiポップソング「Relevant」を持ち込むことによって、彼の感情的な側面にリスナーを引き込む。EPの締めくくりは、「Mind Games」で、「Solgasa」のクルーメイトであるTommi Crane(トミー・クレイン)によるEP内で唯一客演を含んだR&B / Trapの曲となっている。

またEPのリリースと同時に公開された「DejaVu」のミュージックビデオは、監督兼ビデオグラファーのTimothy Huangが撮影。ミケルは高いダンス能力を披露している。ミュージックビデオの見どころは、曲自体の雰囲気とは対照的で、特に男性に興味がないように見える女性との「既視感(デジャヴ)」につながる状況について焦点を当てて作られている。


リリース情報

タイトル: bleu
https://FRIENDSHIP.lnk.to/bleu
Release: 2020.9.30
Format: Digital
Label: Solgasa
Track:
1. O.M.G
2. Deja Vu
3. Back to the Future(1999)
4. Relevant
5. Mind Games (feat. Tommi Crane)
この記事をツイート

この記事の関連情報