PVA、Ninja Tune傘下のBig Dadaと契約を発表&新曲「Talks」公開

ツイート

2018年にバンドを結成、その熱狂的なライブ・パフォーマンスが話題を呼びロンドンで大きな注目を集めているバンド、PVA。

◆PVA 関連動画&画像

インダストリアル、ニューウェーブ、ポストパンク、ハウスなど様々な音楽性を取り入れることでダンスミュージックのマナーのバンドサウンドという独自の音楽性を打ち出す彼らが、Ninja Tune傘下のBig Dadaと契約。彼らのデビューEPとなる『Toner』が11月20日に発売されることも発表され、新曲「Talks」も同時に公開された。

EPのプロデュースはフランツ・フェルディナンド、リリー・アレン、テーム・インパラ、ザ・キルズ、ブラック・ミディらを手掛ける重要プロデューサー、ダン・キャリーが手がけた。EPには、バンドのファンでもあるムラ・マサ、ガール・バンドのダニエル・フォックス、リンクスらによるリミックスを含む全6曲を収録している。


新曲について、プロデューサー、マルチインストゥルメンタリスト、ボーカリストを務めるジョシュ・バクスターは次のように語っている。「“Talks”は、本音を表現したり、傷つくリスクを冒したりすることを避けるために、いかにしてゲームを発明するかということについての曲だ。この曲は現実の人間関係や、ジョンとアビゲイル(ビデオゲーム『レッド・デッド・リデンプション』に登場する二人の主人公)の関係からもインスピレーションを得ている」。

エラ・ハリス(ボーカル、ギター、シンセサイザー)、ジョシュ・バクスター(ボーカル、ギター、シンセサイザー)、ルイ・サッチェル (ボーカル、ドラム、サンプラー)の3名からなるPVAは結成以来、ブラック・ミディやシェイムといった人気バンドを輩出したブリクストンのウィンドミルやデプトフォードのThe Five BellsやThe Bunkerといったベニューで活動をしてきたが、ライブが開催できない状況となった今、スタジオ制作に力を入れることができ、EPが完成したという。

期待の新生バンドPVA待望のデビューEP『Toner』は11月20日に輸入盤12インチとデジタルでリリースされる。


『Toner』

2020年11月20日(金)リリース
Big Dada

■tracklist:
A1. Talks
A2. Sleek Form
A3. Exhaust / Surroundings
B1. Talks (Mura Masa Remix)
B2. Talks (Lynks Remix)
B3. Exhaust / Surroundings (Girl Band / Daniel Fox Remix)

◆BEATINK オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報