BiSH、きゃりーぱみゅぱみゅが<バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス>でミニライブ

ツイート

10月26日より「#StayVirtual」をキーワードに、新しい時代にそったバーチャルイベント<バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス>が開催される。

◆関連画像ほか

バーチャル渋谷は、2020年5月に日本初の「自治体公認」のバーチャル空間として公開され、現在までに延べ5万人が体験した日本最大級の配信プラットフォーム。

<バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス>では2020年のハロウィーン期間中、渋谷区内への来街自粛を要請するとともに、自宅で「三密」 を避けながらも渋谷らしいハロウィーンを楽しめる企画が行われる。


参加者はスマートフォンや PC、VRデバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」にアクセスし、アバターを使って会場内を自由に動き回りながらインタラクティブなオンラインイベントを体験できる。イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信し、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開される予定だ。なお、イベント会場は現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっている。


ほか、これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツも楽しめる。リアルとバーチャル、それぞれの渋谷の同じ場所で、同一のXRコンテンツが展開される。

10月26日にはきゃりーぱみゅぱみゅ、10月29日にはBiSHがバーチャルライブを行う予定で、10月30日には芸人の和牛がお笑いライブを行うことも決定している。

今後も、展開されるコンテンツの詳細や参加アーティストの追加情報が発表されていく予定だ。詳細は公式サイトにて。


■長谷部健 渋谷区長コメント
例年、ハロウィーン時期には多くの人々が渋谷を訪れ、楽しんでいただいておりますが、今年は新型コロナウイル ス感染拡大への警戒から、ハロウィーン時期の渋谷への来街自粛をお願いすることにいたしました。その代わりに様々なアーティスト等が登場する「バーチャル渋谷」上でのバーチャルハロウィーンイベントが開催されます。この規模のバーチャルイベントに渋谷が挑戦することで、ニューノーマル時代に向けた新たな観光・イベントのモデルケースの一つとして渋谷から発信していければと思っています。ぜひ今年はご自宅から渋谷のハロウィーンをお楽しみください。

<バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス>概要

(1)コンセプト
・渋谷らしいコンテンツを発信する「場所」をバーチャル空間上に構築。今後、「渋谷 5G エンターテイメントプロ ジェクト」参画企業等とのコラボレーションを予定。
・渋谷を代表するスクランブル交差点のスポットを回遊可能。スポットは随時拡大予定。
・各スポットでは、リアルな“渋谷”と同様にアーティストによるライブや、トークショー、アート展示などのエンターテイメントが体感できるオンラインイベントを随時開催。
・5Gや最先端のテクノロジーを駆使し、どこからでもアクセスでき、時間や場所など従来の制約を超えた5G時代のエンターテイメントを提供。
・リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)のデジタルとリアルが融合する世界を実現。

(2)利用料金 無料
(3)協力企業
クラスター株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:加藤直人):バーチャルイベントプラットフォーム 「cluster」を運営。バーチャルイベント会場において「cluster」を用いた技術協力。
株式会社 Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩):VR/AR クリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供。デジタルツイン(ミラーワールド)において「STYLY」を用いた技術協力。

◆<バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス>公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報