ローランドからコンパクトサイズで気軽に楽しめるリズムマシン「TR-6S」「TR-06」、プラグイン版「TR-606」も登場

ツイート

ローランドから気軽に楽しめるコンパクト・サイズのリズムマシンが登場。AIRA(アイラ)シリーズの最新モデルとなるリズム・パフォーマー「TR-6S」と、Roland Boutique(ローランド・ブティーク)シリーズの最新モデル「TR-06」が10月24日に発売。そして、音楽制作用のプラグイン「TR-606 Software Rhythm Composer」が10月1日よりダウンロード開始となった。

「TR」の名を冠したローランドのリズムマシンは、その独特なサウンドが多くのアーティストに愛され、1980年代のポップスはもちろん、最新のヒップホップ、エレクトロニック・ミュージックに至るまで、さまざま音楽シーンに大きな影響をもたらしてきた。そして2020年、ローランドから「TR」をベースとした3つの新製品が登場。多彩なプリセットに加えオリジナルのサンプルも使用できる「TR-6S」、名器「TR-606」を忠実に再現しつつ現代的な機能を追加した「TR-06」、そして同じく「TR-606」をベースにしたプラグイン版の「TR-606 Software Rhythm Composer」がラインナップされる。

■TR-6S

「TR-6S」は、ミュージシャン、DJ、ダンサーのためのエレクトロニック・ミュージック・ギア「AIRAシリーズ」の最新モデル。フラッグシップ・モデル「TR-8S」(2018年発売)を継承した充実の機能を使いやすいコンパクト・サイズに凝縮。電池駆動にも対応した。1980年代に発売したローランド歴代のリズムマシン「TR-808」「TR-909」「TR-606」「TR-707」など往年のサウンドを独自技術「ACB(Analog Circuit Behavior)」で忠実に再現。さらにカンタンに自分だけのオリジナル・ドラム・キットを作成することができるモデルだ。


▲マルチカラーのパッドやノブ、フェーダーで快適にプログラミングやサウンドメイクが行えるTR-6S。USBオーディオ/MIDIインターフェイス機能も搭載、USBバス電源による駆動にも対応。

6トラックのシーケンサーを備え、ローランド歴代のリズムマシンのサウンドをリアルに再現する「TR-6S」は、プロ仕様の「TR-8S」と同じ音源を搭載しながら、小型サイズ、低価格を実現。現代のパフォーマンス向けとしてプリセット・サウンドに加え、ユーザーの好みのオーディオ素材を取り込んで活用できるサンプル・サウンド、過激な変化と独な存在感を持つFMサウンドも新規搭載。往年のサウンドとミックスして、新たなリズム・パフォーマンスを楽しめる。

■TR-06

「TR-06」は、1980年代に活躍したシンセサイザーの個性的なサウンドを好む愛好者に向け、コンパクト・サイズで本格的なサウンドを提供する「Roland Boutiqueシリーズ」の最新モデル。今なお人気で中古市場でも手に入りづらいドラムマシン「TR-606」(1981年発売)をRoland Boutiqueサイズで復刻。独特なヴィンテージ・サウンドを独自技術「ACB」で忠実に再現しているだけでなく、オリジナル・モデルのデザインを踏襲しつつより高級感のある外観に。また、人気のモジュラー・シンセサイザーなどとの接続を可能にするトリガー・アウトプット×5とトリガー・インプット×1を装備。さらにコンプレッサーやオーバードライブといったエフェクトを搭載するなど現代のミュージシャンに使いやすい機能を融合している。


▲高い堅牢性を誇る金属製のトップパネルを採用。トリガー端子はトップパネルに配置した。USBオーディオインターフェイス搭載ですばやく簡潔にオーディオ・レコーディングが行える。

パラメーターはチューニング、ディ・ケイ、パン、ゲインなどを新規追加。ディレイ、オーバードライブのエフェクトつまみ装備により細かい音作りも可能になった。また、「Roland Boutiqueシリーズ」の特徴である、スピーカー内蔵、電池駆動にも対応(充電式ニッケル水素電池 単3形×4本で約5時間連続使用可能)し、「TR-606」のサウンドをいつでも存分に楽しめる。

■TR-606 Software Rhythm Composer

「TR-06」同様「TR-606」をベースに開発された「TR-606 Software Rhythm Composer」は、音楽制作用の高品位はプラグイン音源やソフトウェアを提供するクラウド・ベースのコンテンツ・サイト「Roland Cloud」の「レジェンダリー・シリーズ」に新コンテンツとして登場。オリジナルである「TR-606」のサウンドやふるまいを精密に再現することに加え、より多くのサウンドを選択し、スムーズに音楽制作を行うための新機能を搭載。手持ちの音楽制作ソフトウェアに追加することで、「TR-606」のサウンドを楽曲制作に活用することができる。


▲シーケンサーは視認性の高いユーザーインターフェイスを用意。8つのバリエーションを持つパターンで飽きさせないビートメイクが可能。各インストはラスト・ステップの設定とシャッフル設定も可能で、プログラムを変更せずにビートを鳴らすタイミングを変えたり絶妙なハネを演出できる。

各インストにチューニング、ディケイのパラメーターを追加。さらに内部回路をブーストさせるオーバードライブも搭載した。シーケンサーはオリジナルのステップ・シーケンサーを再現しながらもレーンを追加し、より速いプログラミングが可能に。プラグインから直接DAW上のプロジェクトへオーディオ/MIDIパターンをドラッグ&ドロップすることも可能だ。

「TR-606 Software Rhythm Composer」は、「Roland Cloud」の有料メンバーシップ・プラン「Ultimate」を登録していれば誰でも使用可能。また、「Core」「Pro」「Ultimate」などの有料プラン申込みの際は、誰でも「Ultimate」の30日間無料トライアルで試すことができる。有料メンバーシッププランの登録がなくても、Rolandアカウントを持っていれば「レジェンダリー・シリーズ」の中から「TR-606 Software Rhythm Composer」のLifetime Key(製品を単品で買い切るタイプのライセンス)を購入して(USD$149)使うことも可能だ。


製品情報

◆TR-6S
価格:オープン(市場想定価格 43,000円前後 税込)
発売日:2020年10月24日
◆TR-06
価格:オープン(市場想定価格 51,000円前後 税込)
発売日:2020年10月24日
◆TR-606 Software Rhythm Composer
価格:「Roland Cloud」 Ultimateプラン要登録(USD$199/年額、USD$19.99/月額)
またはLifetime Key USD$149
ダウンロード開始:2020年10月1日
この記事をツイート

この記事の関連情報