【インタビュー】10-FEET、新曲「シエラのように」をNAOKIが語る「人間味や人間臭さが、今回は特に強い」

ツイート

10-FEETが10月14日、1年3ヵ月ぶり19枚目のシングル「シエラのように」をリリースする。“シエラ”は“山脈”を意味するスペイン語であり、TAKUMA (Vo, G)は、「自分が一番しんどい時や寂しい時に聴きたい唄、音楽、を作れたと思います。なので明るい事だけを唄ってません。でも暗い所から明るい所に向かって行く人の姿を描いた唄です」と同曲について語っている。山脈のような雄大さも豊かな起伏も描かれた新曲が、10-FEETの変わらぬ本質と新たな一面を映し出した仕上がりだ。同シングルには表題曲ほか「彗星」「あなたは今どこで誰ですか?」の全3曲を収録。生産限定盤付属DVDには<京都大作戦2019〜倍返しです!喰らいな祭〜>よりDAY1とDAY2の模様がダイジェストで収録されることも明かとなっている。

◆10-FEET 画像

BARKSでは3週にわたって10-FEETパーソナルインタビューをお届けする。その第一弾はNAOKI (B, Vo)だ。7月に掲載したNAOKIパーソナルインタビューで、「10-FEETがやっていてもおかしくないねんけど、でも実はこういうことやってなかったよねってところかな」と語っていた新曲こそが、「シエラのように」。そのベースアレンジは発想を新たにして生み出されたほか、プレイ面でもこれまでと一味異なる感覚を必要とするなど、ベーシストとしての突破口を開いた楽曲でもある。

有観客イベント<OSAKA MUSIC DAYS!!!>や、オンラインハイブリッドフェス<THE SOLAR BUDOKAN>への出演など、現在、10-FEETは徐々にライブをスタートしている。バンドの現在、シングル「シエラのように」制作過程と込められた想い、そして開催が発表されている全国ツアー<10-FEET “シエラのように” TOUR 2020-2021>について訊いたパーソナルロングインタビューの第一弾、NAOKI編をお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■常にいい意味での緊張感もありますから
■新しい見せ方が生まれるかもしれない

──久しぶりにリアルのステージとして、8月に大阪城ホールで行なわれた有観客イベント<OSAKA MUSIC DAYS!!!>に出演しましたが。

NAOKI:お客さんのいる前でのライブ自体が半年ぶりでしたね。ステージに出ていって演奏したとき、まず“ライブをしている”という新鮮さが気持ちの中で高まりました。最初はただただ興奮して、人前でライブをしているってことを噛みしめて。お客さんにとっていつも通りじゃないライブの観方というものを、自分でも冷静に考え出したのは、ライブ中盤から後半に差し掛かってから。ベストな状態ではないし、この状態のままやっていくべきだとは思わないけど、今はこれが最善の形なんで、この環境でやれることをやっていくしかないなって。今まで感じたことのない感覚を味わっていましたね。

──バックステージではミュージシャン仲間と話す機会もありました?

NAOKI:それこそロットン (ROTTENGRAFFTY)とも話をしましたし。

▲NAOKI (B, Vo)

──ロットンの侑威地とは、Zoom飲み会『ラフでやらないと』の“いいちこブラザーズ”として頻繁に活動してますから、そんな久々でもないはずでしょ(笑)。

NAOKI:あっ(笑)。有観客ライブとしては、僕らは出演してないですけど<RUSH BALL 2020>があったり、<OSAKA MUSIC DAYS!!!>の前にはジャイガのスピンオフイベント<THE BONDS 2020>が大阪城ホールであったり、お客さんの前でライブをしたバンドが周りにはちょこちょこいたんです。やっぱりみんな、似たようなこと言ってましたね、「この形がベストにはならないよね」と。特に僕らがやってきたシーンが、若干特殊な部分があるんで。密ありきというか。例えばアコースティックライブを中心にやっている人の場合、普段からギュウギュウに密集した状態でのライブはそんなにないですよね。でも僕らは、そのギュウギュウでお客さんが荒々しく盛り上がっている状態でずっとやってきているんで。それができないことに対する違和感というか。今は仕方ないなって思いつつ、でも少しずつ戻ってほしいなって感じで活動を続けていくしかないだろうなという気持ちです。

──2ヵ月前にBARKSインタビューで話したとき、「バンドで音を出す機会も少ない」と言ってました。その後、ライブのためにリハーサルもかなり?

NAOKI:そうですね。ライブするにあたって、勘を取り戻さなきゃいけなかったんで、けっこうリハには入ってました。今までの曲に対して“懐かしさ”ほどはいかないまでも、ライブすることへの緊張感みたいなのはあって。その少し前からレコーディングのためにスタジオで音を合わせてたんですけど、そのときは新曲だけじゃなくて、軽く今までの曲も演ったりもしてたんです。でもライブの日程が本決まりになってからは、リハでも無意識にライブに向けて身体が動くというか、そのモードには久々感がありましたね。

──ライブは演奏だけじゃなくて、動きなども大事ですからね。身体のキレはすぐに取り戻せたんですか?

NAOKI:いや。普段のスタジオ練習から、あんなライブパフォーマンスはしないから(笑)。ステージに上がると、勝手に熱くなるもんなんですよ。でもライブ当日は、少しずつ自分の中での様子を見ながら、なるべく冷静に全体を見ながら、変に空回りしないようにライブしようってことは意識していたかも。

──久しぶりにライブをすると、今はもうやりたくてしょうがないですか?

NAOKI:ライブハウスでやりたいですね。ライブハウスのあの雰囲気の中で、お客さんの前で演奏したい。まだキャパいっぱいには入れられない状況ですけど…。

▲「シエラのように」通常盤ジャケット

──10月14日から全国ツアー<10-FEET “シエラのように” TOUR 2020-2021>を行なうことが発表されました。二部制で、1ステージが30〜45分ぐらいということですけど、“確実に戻ってきているな”ってことを実感するステージにもなりそうですね。

NAOKI:今できる最善の形ではありますけど、とはいえやっぱ少し前進した感はありますよね。久しぶりに行く場所ばっかりだし、やってみて多分、今まで感じなかった感情とかも抱くんやろうなと思いますね。“観る”という形に近いと思うんですよ、お客さんは。フロアでグシャグシャに暴れるって感じではないんで。だから、やってみないと分からないですけど、いろいろ感じると思います。喜びや嬉しさだけじゃなくて、課題が生まれたり。ライブの内容も、今まで通りじゃないほうがいいのかとか、逆に今まで通りのほうがいいのかとか。ツアーをやりながら、初めての感覚が続くと思う。もしかしたら少しずつやり方も変わっていくかもしれない。そういう意味では楽しみですね。新鮮というか、常にいい意味での緊張感もありますから。新しい見せ方が生まれるかもしれない。でも変に新しいことをしようとすると、“逆にあかんかったな”ってことも、今まで多々あったんで(苦笑)。ツアーをやりながら肌で感じたことで、うまく変化していければいいかなと思ってます。

──そのツアーで、確実に演奏する楽曲が生まれました。

NAOKI:そうですね、これは多分やりますね。

──多分じゃないだろう(笑)。

NAOKI:間に合えば(笑)。

──ツアータイトルをもう一度確認したほうがいい(笑)。

NAOKI:<10-FEET “シエラのように” TOUR 2020-2021>って(笑)。シングルとしては「ハローフィクサー」以来だから、1年ちょいぶりか。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報