【レポート】<THE SOLAR BUDOKAN>DAY4、Afro Begue feat. ComplianS「Good Day! NAKATSUGAWA!!」

ツイート

晴れ渡った空のもと、津田悠佑の弾くアコースティック・ギターのアルペジオ・フレーズから始まったのはAfro Begue feat. ComplianS。心臓の鼓動のようにジャンベの音を響かせ始めたのは、このバンドのリーダーであるセネガル人のオマール・ゲンデファル。そして動脈の血流のごとくベース・フレーズを弾き始めるのはComplianSのKenKen。心地よいグルーブを作るのはドラムの佐々木俊之だ。

◆Afro Begue feat. ComplianS 画像

9月28日に中津川公園内特設ステージで収録されたこのライブ。当日は晴天で、まだ夏の香りも色濃く残る中津川の自然がステージの周りには広がっている。そうしたシチュエーションの中でAfro Begue feat. ComplianSが繰り出すアフロビートは、とてつもなく気持ちがいい。細胞から元気にさせてくれる音楽だ。




「気持ちを合わせよう! We Have LOVE, Together!! ソーラーのパワーを使いましょう。いい天気です。Good Day! NAKATSUGAWA!!」

オマールは日本語と英語を織り交ぜながら挨拶する。オンラインを通して観ているみんなに向けて、そして今、オマール自身が感じている太陽の恵みに対して。2014年に発表したファースト・アルバム『BEGUE』からのナンバーはもちろん、2017年に発表したセカンド・アルバム『SANTAT』からのナンバーも次々に披露する彼ら。アフロビートを軸にしながらも、溜めのグルーブやレゲエのエッセンスなど多種多様なものを飲み込んでいる。それを浴びていると身体が自然に動き出す。

そしてライブ中盤のこと。これまでよりも躍動的なリズムが響き始めたと思ったら、そこに絡んでくるのはエレキ・ギターのファンキーなカッティング。レスポールを手にした佐藤タイジがついに登場だ。リズムを全身で感じながら、音とフレーズで会話するメンバー5人。音楽の楽しさやセッションの醍醐味を味わいながら、自然に笑顔もこぼれる5人だ。またスラップ奏法でファンキーかつダイナミックなフレージングをKenKenが決めたと思えば、それを受け継ぐように佐藤タイジがチョーキングをたっぷり絡めたギター・ソロを聴かせる。それぞれが演奏でエネルギーを発しながら、どんどん相乗効果を生む。





ステージのラストを締めくくるのは2019年に発表したサード・アルバム『BALKÔ』からの「Diogal dawal」。それぞれが弾く豊かなメロディが絡みながら雄大な景色も描き出していく。太陽を嬉しそうに見上げながら祈りを捧げるように歌うのはオマール。この曲は、ボブ・マーリーの代表曲「GET UP, STAND UP」の意味を冠したナンバーであり、つまり自分のために闘うことを諦めるなというメッセージも込められている。オマールは歌いながら徐々にジャンベのフレーズも激しく響かせる。その熱い演奏とメッセージが、中津川の山々にこだましていった。


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎古川喜隆

【Afro Begue feat. ComplianS@中津川公園内特設ステージ セットリスト】

01. Siyare
02. No Frontier
03. Mame Fallou
04. Begue
05. Fallo Fall
06. Diogal dawal

【配信第二週目タイムテーブル】

■ハイブリッド型オンラインフェス<THE SOLAR BUDOKAN 2020>

▼DAY3
10月3日(土) 15:00〜21:00
※アーカイブ期間:10月9日(金)23:59まで
出演者:Anly / THE BAWDIES / ComplianS (佐藤タイジ・KenKen) / 藤原さくら / NakamuraEmi / 四星球 / ストレイテナー / Major in Body Bear (Taiwan) / ヤバイTシャツ屋さん
▼DAY4
10月4日(日) 15:00〜21:00
※アーカイブ期間:10月9日(金)23:59まで
出演者:Afro Begue feat. ComplianS / THE BACK HORN / Char / 民謡クルセイダーズ / 仲井戸“CHABO”麗市 / OAU / ROTH BART BARON / 竹原ピストル / 10-FEET
※仲井戸“CHABO”麗市はコメント出演と<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017>でのSPECIAL SESSIONを配信予定

【チケット】
販売開始:9月9日(水)18:00〜イープラスにて
・1日券:3,000円 (税込)
・1日券 [サポート1000]:4,000円 (税込)
・1日券 [サポート2000]:5,000円 (税込)
https://eplus.jp/sf/live/festival/ntsb


この記事をツイート

この記事の関連情報