【インタビュー】SURFACE、再始動後2作目のフルAL完成「これ、ライブで聴きたくなるだろうなあって」

ツイート


再始動後2作目になるフル・アルバム『PASS THE BEAT』は、10月7日リリース、前作から1年ちょっとという短いインターバル。5月の東阪のライブ<HANDS #2>は、新型コロナウィルス禍で中止を余儀なくされたが、代わりに8月29・30日に、神田明神ホールからふたりきりによる無観客生配信ライブを決行。そして、『PASS THE BEAT』のリリース・ライブを11月7日、8日に日本橋三井ホールで行うことも、新たに発表になった。

と、世の中がこの状態にある中で、それでもできることを探して、全力でアクションを起こし続けるSURFACEのふたりに、現状について、そして『PASS THE BEAT』について訊いた。

  ◆  ◆  ◆

■無観客配信ライブは、けっこうリスキーだった(椎名慶治)

── ライブを中止して、代わりに神田明神ホールで2デイズの配信ライブを行われましたよね(レポはこちら)。

椎名慶治: 5月に大阪と東京でやる予定だったんですけど、これはもう無理だと。で、僕たちふたりが、「無観客ライブでもいいからやらせてください」って言ったんだったら、美談なんですけども(笑)。

── 違ったと。

椎名:スタッフから「無観客ライブ、やってみないか?」と声をかけられて、ふたりともすごい悩んだんですけど……僕はソロとしては無観客ライブをやったんですけど、「SURFACEでやるのはどうなんだろうね?」みたいなところがあって。お客さんとみんなで声出してみんなで踊るのが、SURFACEのライブなので。ふたりとも「やる」って一応言ったんですけど、言ったあともずっと「どうしようかねえ?」って。長い間、モヤモヤとしてました。

── そのモヤモヤが晴れていったのは?

椎名:……(永谷喬夫に)晴れたかね?(笑)。

永谷喬夫:いや、だから、1日目はもう不安だけな感じで本番が始まって。どこへベクトルを向けていいのかわからない、どうしよう、っていうふうな感じで初日を迎えたんですけど……ライブ・パフォーマンスのやりかたとして、これから180度考え方を変えなきゃいけないんだな、という。今までの考え方を、僕は引きずっていたんですけど、ライブをやっているうちに、だんだん「ああ、なるほど、こういうことか」っていうのがわかってきて。1日目が終わったところで、やっと身体でつかめた感じがしたんですね。

  ◆  ◆  ◆


取材:兵庫慎司

■<SURFACE ONLINE LIVE 2020「PASS THE BEAT」>

2020年11月7日(土)8日(日)  日本橋三井ホール・東京

<出演>
Vocal:椎名慶治
Guitar:永谷喬夫

Drums:片山タカズミ
Bass:宮田’レフティ’リョウ
Keyboards:幡宮航太

詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。

■8th ORIGINAL ALBUM『PASS THE BEAT』


2020年10月07日(水)発売
(ソニー・ミュージックダイレクト)
※初回盤A(CD+DVD)、初回盤B(2CD)、通常盤
詳細はこちら
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報