バトルズ、ブラック・ミディによるリミックス「Stirling Bridge」公開&ブラック・ミディ、DJニガ・フォックス、シェッド、デルロイ・エドワーズも参加したリミックスEPリリース決定

ツイート

その独創的なアイデアとサウンドで、ロックの常識を更新し続け、音楽ファン達に強烈な衝撃を与えてきた現代エクスペリメンタル・ロック・バンドの最高峰、バトルスが昨年10月にリリースされた最新作『Juice B Crypts』収録の表題曲「Juice B Crypts」のリミックスEPをリリースすることを発表した。

◆バトルズ 関連動画&画像


リミキサーには、ブラック・ミディ、シェッド、デルロイ・エドワーズ、DJニガ・フォックスの4アーティストが集結。『Juice B Crypts』の音世界にインスパイアされた前述の4アーティストは、創作における完全な自由を与えられ、それぞれの個性を存分に発揮しつつ、実験精神と音楽的視点をバトルスと共有し、アルバムの多彩なサウンドを活用することで、その延長線上にあるようなリミックス作品が完成した。今回の発表に合わせて「Stirling Bridge(DJ Dairy & DJ Orient(black midi)Remix)」が先行解禁されている。

なおバトルスとブラック・ミディは、昨年Boiler Room Londonで共演し、異なる世代ながら、独自のスタイルを追求する両者の緊張感溢れるパフォーマンスが話題となった。


2019年最も衝撃的なデビューを飾ったバンドのひとつ、ブラック・ミディのメンバー、キャメロン・ピクトンとモーガン・シンプソンによるDJ Dairy & DJ Orientは、アルバムの様々なパートを駆使し、静かなスタートから、リスナーに高揚感を与えるドラマティックな展開を経て、意表つく爽快なクライマックスへと向かう壮大なミニ・エピック「Stirling Bridge」を作り上げた。ベルリンを拠点に活動するDJ/プロデューサー、René Pawlowitzによるプロジェクト、シェッドは、原曲「IZM」のジョン・ステニアーのドラムを分解して、ヘヴィーなテクノ・トラックへと再構築し、イアン・ウィリアムスによるギターとキーボードのフレーズを巧みにサンプリングし、それらを見事に調和させている。カルト的な人気を誇るL.A.CLUB RESOURCEを主催し、アンダーグラウンドのエレクトロニック・ミュージック・シーンの重要レーベルL.I.E.S. RECORDSからの一連のリリースでも人気を集めるロサンゼルスのプロデューサー兼DJ、デルロイ・エドワーズは、アルバム表題曲「Juice B Crypts」をパンクとエレクトロニック・ミュージックが交差した、エネルギーに満ち溢れたサウンドを披露。リスボンのゲットー・シーンで一際強烈な個性を放つDJニガ・フォックスは、トレードマークのコズミックなエレクトロサウンドで、異次元のダンスフロア・チューン「Carnaval Supremo」を作り上げている。

なおバトルスの最新EP『JUICE B MIXED』は、11月20日に12”とデジタル配信で世界同時リリースされる。


「Juice B Mixed」

2020年11月y20日(金)リリース
WARP RECORDS
輸入盤12inch WAP447
BEATINK.COM:
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11480

■Tracklist
A1. Stirling Bridge (DJ Dairy & DJ Orient (black midi) Remix)
A2. IZM (Shed Remix)
B1. Juice B Crypts (Delroy Edwards Remix)
B2. Carnaval Supremo (DJ Nigga Fox Remix)
+DLコード

◆BEATINK オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報