大塚 愛の「Chime」をAmPmがリミックス

ツイート

AmPmが手掛けた大塚 愛の「Chime (AmPm Remix)」が本日発売され、あわせてミュージックビデオも公開された。

◆ミュージックビデオ

大塚 愛は8月から毎月、様々なジャンルの音楽プロデューサーやトラックメーカーを迎え入れ、自身のリミックス楽曲をリリースしていく企画を実施している。

第1弾はプロデューサー・Tomgggを迎え「PEACH (Tomggg Remix)」を、第2弾ではMASAtOとYUtAからなるプロデューサーデュオ・ANIMAL HACKを迎えた「金魚花火 (ANIMAL HACK Remix)」をリリース。

第3弾として今回リミックスを手がけたAmPmは、国内ではV6や平井堅の楽曲プロデュースを、海外ではアフロジャックやニッキー・ロメロといった大物アーティストのリミックスを手掛けるなど、世界で注目されている日本人アーティストだ。


原曲の「Chime」は2019年にテレビアニメ『フルーツバスケット』1st season第2クールのオープニングテーマとして起用された楽曲だ。『フルーツバスケット』は、海外でも人気の高いアニメであることから、JAPANカルチャー好きな海外のリスナーからも注目されていた。その「Chime」のリミックスを世界中のリスナーから支持を得ているAmPmが手掛けたことの相乗効果で、さらに多くのリスナーに聴かれる楽曲になるかもしれない。

ミュージックビデオは、童話「醜いアヒルの子」をモチーフに、自信を持てない自分から、新しい自分を見つけ羽ばたいていけるような“スタートライン”や始まりの”ファンファーレ”を感じさせるような内容となっている。


リミックス企画 配信情報

■第1弾「PEACH (Tomggg Remix)」
https://avex.lnk.to/peach2020remix

■第2弾「金魚花火 (ANIMAL HACK Remix)」
https://avex.lnk.to/kingyohanabi2020remix

■第3弾「Chime (AmPm Remix)」配信情報
https://asab.lnk.to/aio_chime

この記事をツイート

この記事の関連情報