リッチー・ブラックモア、エディ・ヴァン・ヘイレンを追悼「究極のギター・ヒーロー」

ツイート

ギター・ヒーローの1人、リッチー・ブラックモアが、10月6日に亡くなったエドワード・ヴァン・ヘイレンを追悼し、エドワードを「究極のギター・ヒーロー」と称えた。

◆エドワード・ヴァン・ヘイレン画像

「エディ・ヴァン・ヘイレンは、全世代のギタリストが見習ったギターの演奏テクニックに着手した素晴らしいギタリストだった。彼は、音楽業界で僕が出会った中で最もナイスなミュージシャンの1人だった。とてもシャイで、ギター・プレイヤーとしての自分の才能に全く慢心していなかった。フランク・ザッパは、彼はギターを改革したと言っていた。僕もそれに同意する。彼のことは惜しまれるが、彼の素晴らしいレガシーがこの先忘れられることはない。究極のギター・ヒーロー」



また、エドワードと同い年、同じ月(1955年1月)の生まれであるマイケル・シェンカーは「やあ、エディ。君は僕らの世代の1番だった。君が愛した人たちへお悔やみを。寂しいよ。でも、僕のパートナーが言ったように、“君はよりいい場所へ行った”だ。友よ、安らかに!」」と、言葉をかけた。

「70年代終わり、ドイツで君に会ったときのこと、ずっと記憶に留め大切にする。スコーピオンズと一緒に君の公演を観に行ったときだ。君の楽屋で過ごした素敵な時間、絶対に忘れられない」「君の驚異的なギター演奏、サウンド、メロディー、リズムのセンス、素晴らしいエンターテインメント能力、そのほか、僕は最大級にリスペクトしてる。君は完璧でとてつもなく優れた万能のギタリストだった」







エアロスミスは「安らかに、エディ・ヴァン・ヘイレン。寂しくなる! #Legend」と追悼の言葉を上げ、フロントマンのスティーヴン・タイラーは「彼は、ギター・ワーミーバー ロック&ライムの針路を変えた…変革をもたらした人…そして彼のメロディック狂いは尋常ではなかった…寂しくなるよ、エディ…」と偲んだ。





息子のウルフギャングは、訃報を告げた投稿に続き、翌日、言葉はなく、父子の2ショットをSNSに投稿した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報