King Gnuの新曲「千両役者」起用、佐藤健が3変化し5Gのある世界を表現するdocomo新CM

ツイート


株式会社NTTドコモが、第5世代移動通信方式「5G」を用いた通信サービスの実利用拡大普及に伴い、俳優の佐藤健をイメージキャラクターに起用した新CMを2020年10月9日(金)より全国(一部地域を除く)で放映する。

本CMは「エンタメ(マルチアングル舞台)」シーン、「エデュケーション(教育)」シーン、「遠隔医療」シーンからなり、ダンスパフォーマー、美術教師、街の小児科医の3役に扮した佐藤が5Gの異次元のスピードの速さと、5Gが可能にする新しい世界を伝える。またこのCMには、King Gnuが書き下ろした新曲「千両役者」を起用。迫力あるサウンドと佐藤の熱いパフォーマンスが掛け合わさり、スピード感ある5Gの世界観をより壮大に表現している。



「エンタメ(マルチアングル舞台)」シーンで佐藤は初めてコンテンポラリーダンスを披露しており、5Gだからこそ可能な高精細映像とマルチアングル機能でキレのあるダンスを踊る佐藤に加え、今回共演ならびに振り付けを担当したs**t kingz(シットキングス)メンバーの僧帽筋、三角筋、ヒラメ筋、大腿四頭筋、腹直筋などをあらゆる角度から映し出している。





また「エデュケーション(教育)」シーンでは、食卓が描かれた絵画に向かって「せーのっ」と子供たちとタブレットをかざす美術教師の佐藤が登場。するとタブレットをかざした途端、絵画が3Dになり、絵の外から配達員が現れ絵画の中の人物がデリバリーを受け取る様子が映し出される。5GならではのXR(AR機能)と大容量コンテンツによるその様子に驚き興奮する子供たちに、「すごくない?」と笑顔で話しかける佐藤の姿で映像は締めくくられる。





そして「遠隔医療」シーンでは、白衣姿の佐藤が5Gの技術で可能になった空中に浮かぶビデオコール画面に話しかける。5Gならではの遠隔・双方向・多接続によるコミュニケーションを表現しており、空中のビデオコール画面には医療データや患者の女の子、医師が現れ、女の子を遠隔で診察。「もう大丈夫だ」と医師に言われて喜ぶ女の子を見て、佐藤も嬉しそうに微笑むシーンでCMは終わる。







■新TVCM 「docomo5G 希望を加速しよう 2nd」篇

放映開始日:2020年10月9日(金)
放映エリア:全国(一部地域を除く)
「docomo5G 希望を加速しよう 2nd」篇 (エンタメ+教育+遠隔医療)(30秒)
URL:https://youtu.be/yN7IqiqkfEk
「docomo5G 希望を加速しよう 2nd」篇(エンタメ+教育)(15秒)
URL:https://youtu.be/W6dlrjXKMGE
「docomo5G 希望を加速しよう 2nd」篇 (エンタメ+遠隔医療)(15秒)
URL:https://youtu.be/8o2sXLp_Mlk
※動画のYouTubeアップは10月9日AM10時公開となります
この記事をツイート

この記事の関連情報