クラーク、トム・ヨークも参加した映画『Daniel Isn’t Real』サントラを本日デジタル・リリース

ツイート

世界的なエレクトロニカの作曲家であるクラークが、アダム・エジプト・モーティマー監督のサイコ・ホラー映画『Daniel Isn’t Real』のオリジナル・サウンドトラック(エクスパンデッド・エディション)を本日リリース。先行配信中の「Isolation Theme (Thom Yorke Remix)」にはレディオヘッドのトム・ヨークが参加している。

◆クラーク 関連画像&映画予告映像

トム・ヨークは「クラークの“Isolation Theme”のスコアを起用して、今までにない静寂の中へ入っていく瞬間を再現しました。それを破壊されてゆく波形のように、ある意味単純化し、それがどれほど恐ろしいものになったかに驚きました」とコメント。

クラークも楽曲について、「『Daniel Isn’t Real』の制作を始めたのは、トムのトラック“The News”のリミックスを依頼された頃だったので、今回彼が僕の曲をリミックスしてくれたことで、このエクスパンデッド・エディションの最後を締めくくることは、うまく循環性を持っていた。彼のリミックスにMIDIがどれだけうまく活かされているかに驚きました。基本的な音符の情報が、良い形をしていれば、複数のヴォイシングに伝達でき、元の音源はいくらでも代替可能なのです」とコメント。

映画『Daniel Isn’t Real』は、歓喜と恐怖の両方を想起させるサイコスリラー映画。カルト・ヒット映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』や『カラー・アウト・オブ・スペース-遭遇-』の製作陣によるもので、テキサス州オースティンで開催された2019年のSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)でプレミア上映され、絶賛を浴びた。マイルズ・ロビンズ(ティム・ロビンズとスーザン・サランドンの息子)やパトリック・シュワルツェネッガー(アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライバーの息子)が出演している。

クラークは本サウンドトラックについて、「このレコードは私の最高傑作のひとつです。オーケストラとエレクトロニクスを融合させるための新たな道が、このレコードの中にあります。ハーモニーの中には、暗くて珍しいエネルギーと多様性があります。『Body Riddle』や『Iradelphic』のようなアコースティック楽器を使った実験の続きですが、実際はMr.Oizo(カンタン・デュピュー)、バーナード・ハーマン、セロニアス・モンクを融合させたようなものです」と説明する。


『Daniel Isn’t Real』(Expanded Edition)

2020年10月9日(金)デジタル・リリース
購入・ストリーミングはこちら
https://classic.lnk.to/danielisntrealPR

■収録曲
01 Luke Entering
02 Spiral Crackerjack
03 Youre Pulling My Face Off
04 Im Pulling My Face Off
05 Tickling A Nutter
06 Volatile
07 Realm Promo
08 Cassie Falling
09 Diamond Body
10 Mumanguish
11 Snowflake Banger
12 Experts In Light
13 Isolation Theme (Thigpen)
14 Isolation Theme 2
15 Amor
16 Abyss Thick And Wide
17 Luke Falling
18 Isolation Theme (Thom Yorke Remix) – new bonus track
19 Creel Etude – new bonus track
20 Amor (C.B. Rework) – new bonus track

◆クラーク オフィシャルサイト(英語)
この記事をツイート

この記事の関連情報