シンガーソングライター髙橋多聞、夏の終わりの夜空を連想させる新作「エンドロール」リリース

ツイート

髙橋多聞が、シングル「エンドロール」をリリースした。独特な空気感のあるギターと、浮遊感のあるベースリフ、シンセサイザーのアレンジが夏の終わりの夜空を連想させる、今の季節にぴったりの一曲となっている。

●本人コメント
皆さんこんにちは。髙橋多聞です。深夜のコンビニの帰り道、「今年の夏はいつも以上にあっという間だったなー」と思いながら、終わりかけの夏の夜空を見上げた瞬間、この曲が空から降ってきました。夏の終わり、少年時代の終わり、大好きな映画の終わり。そんなことを頭に浮かべながらこの曲を聴いていただけると嬉しいです。

リリース情報

タイトル: エンドロール
https://FRIENDSHIP.lnk.to/EndCredit
Release: 2020.10.9
Format: Digital
Label: FRIENDSHIP.
Track:
1. エンドロール
この記事をツイート

この記事の関連情報