コルグ x 岡部将和による新プロジェクト始動、「リズム」を通してドリブルがうまくなる取り組みに挑戦

ツイート

コルグが、ドリブルデザイナー岡部将和(おかべまさかず)氏とスポンサー契約を締結。ドリブルと音楽に共通する「リズム」を通じて、スポーツと音楽が持つ新しい可能性に、共に挑戦する。

ドリブルデザイナー岡部氏は世界中が注目するサッカーのドリブル専門の指導者。YouTubeやSNSで配信するドリブル動画の閲覧回数は、総計2億回超。国内はもちろんアジア、ヨーロッパ、南米と世界で指導に当たり、サッカー日本代表選手や世界のスター選手に個別で独自のドリブル理論を指導している。

コルグのリズムへの挑戦は、1963年に登場したコルグ設立のきっかけともなった「ドンカマチック DA-20」からスタート。「ドンカマ」の名は、クリック音の呼称として現在に至るまで広く親しまれている。そして2020年9月8日、ドンカマチックは国立科学博物館が制定する2020年度「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録された。


▲国産初のリズムマシン「ドンカマチック DA-20」(左)、メトロノーム一体型のパッティング練習ツール「PuttRhythm」(右上)、ゴルファーのためのメトロノーム「Rhythm Master」(右下)。

また、コルグはシンセサイザーや電子ピアノだけでなく、メトロノーム/チューナー分野においても45年にわたり数多くの製品を発売し、世界中のミュージシャンの上達をサポートしてきた。近年ではスポーツ分野においても「PuttRhythm」「Rhythm Master」などのゴルフ用メトロノ ーム製品を発売している。

今、スポーツとテクノロジーが掛け合わさる「スポーツ・テック」が注目され、さまざまな変化が起きている。リズム感においてはもちろん、スポーツの世界でも重要な要素とされている。

ドリブルデザイナー岡部氏の「誰でも抜けるドリブル理論」と、コルグが長年培ってきた「メトロノーム/リズム技術」を組み合わせて、ドリブルがもっと楽しく、そしてうまくなるためのドリブルとリズムに関するさまざまな取り組みを、YouTubeや製品開発などを通して日本から世界へ挑戦していく。

<ドリブルデザイナー岡部氏からのメッセージ>

「こんにちは、ドリブルデザイナー岡部将和です。この度、コルグ様とご一緒させていただくことになりました! スポーツと音楽に共通する【リズム】を通して、楽しみながら体にリズムを流すドリブルトレーニングを完成させます。これによって相手とテンポをずらしてプレーしたり、味方とプレーをシンクロさせたりできる選手になることでしょう。スポーツと音楽の新しい挑戦です! 皆さま楽しみにしていてください!」


<ドリブルデザイナー岡部将和について>
“誰でも抜けるドリブル理論”を持つフットサル(Fリーグ)出身ドリブル専門指導者。YouTubeをはじめ、SNS上で配信するドリブル動画閲覧数は2億再生超え。国内はもちろん世界各国からアクセスされ、現在は全世界でドリブルクリニックを開催中。また、サッカー日本代表選手や世界のスター選手に個別で独自のドリブル理論を指導。数多くのスター選手とコラボしている。2020年5月、新型コロナ・ウイルス感染拡大防止により、サッカーができない子供達のために、インターネットを介したオンライン・トレーニング「日本サッカーオンラインアカデミー」を創設。2,000名以上の家族が参加。オフラインでもオンラインでも、常に新しい場所で新しい挑戦を続け、職業ドリブルデザイナーとしてドリブルを通して「チャレンジする心」を伝えている。

この記事をツイート

この記事の関連情報