さくらしめじ、5年の時を経て「きみでした Acoustic Version」リリース。配信ライブも決定

ツイート


さくらしめじが、10月15日(木)に「きみでした Acoustic Version」を配信リリースすることが決定した。

この楽曲は2015年にリリースしたさくらしめじの2ndシングルのリード曲だ。前作から時を経て、今のさくらしめじが当時とはまた違った新たな「きみでした」を切なく表現しているという。切なくも心地よいアコギアレンジと、さくらしめじならではのギタープレイに仕上がっているとのこと。



また10月23日(金)には、配信ライブ<それでも進むから、少しの勇気を。>の開催も決定。この配信ライブで「きみでした Acoustic Version」を初披露予定だ。チケットは10月12日(月)18時よりローチケにて販売開始する。



  ◆  ◆  ◆

【さくらしめじコメント】
■田中雅功
「きみでした」は、5年間ずっと歌ってきた大切な曲です。
ずっと歌ってきたからこそ、変化し続けてきました。
きっと、2ndシングルとしての「きみでした」とは全く違う曲に聴こえるはずです。
みなさん1人1人の物語を、この曲の中で作り出してくれたら嬉しいです。
そして、10月23日の配信ライブでその「きみでした Acoustic Version」をやります。
ライブでも、そこでしか感じられないものがたくさんあると思うので、僕たちも楽しみです。
ぜひ聴いて、見てください。

■髙田彪我
セカンドシングル「きみでした」をリリースしたのは中学2年生で、そこから数々のライブ会場でこの曲を歌う度に、自分達の中で「きみでした」の表情が変わっていきました。
自分たちが今だから表現できる作品になったと思います。
さらにライブ配信も決定しました!前回同様、またまた意外なところからのライブをお届けします。
このライブで「きみでした」も初披露するので楽しみにしていてください!

  ◆  ◆  ◆

■さくらしめじ「きみでした Acoustic Version」

2020年10月15日(木)
各配信サイトにて配信スタート

■さくらしめじ夜の配信ライブ<それでも進むから、少しの勇気を。>

配信日時:2020年10月23日(金)
OPEN 20:45 / START 21:00〜(22:15終了予定)
視聴チケット:3,900円(税込)
全席くつろぎグランドシート
※11月1日(日)23:59までアーカイブ視聴可能
https://l-tike.com/sakurashimejiyorushimejidazo/

この記事をツイート

この記事の関連情報