全英アルバム・チャート、クイーン+A・ランバートのライブ・アルバムが初登場1位

ツイート
Photo by Xavier Vila (C)Miracle Productions LLP

今週のUKアルバム・チャートは、クイーン+アダム・ランバートがリリースした初のアルバム、ライブ・アルバムである『Live Around The World』が初登場で1位に輝いた。クイーンにとって、1995年発表の『Made In Heaven』以来、10作目(ベスト盤も含む)の全英1位となった。

◆全英チャート 関連画像

2位には、韓国のガールズ・グループ、BLACKPINKのファースト・アルバム『THE ALBUM』がチャート・イン。25周年を記念しアナログ盤がリリースされたオアシスの『(What’s The Story)Morning Glory?』が41位から3位へ大きく再浮上した。同作は1995年10月、1位に初登場し、それから半年の間、非連続計10週間首位に輝いた。

今週は新作ラッシュで、トップ10作のうち7作が新作で占められた。トップ2ほか、英国人のタレント、TV司会者として活躍するアマンダ・ホールデンのデビュー・アルバム『Songs From My Heart』が4位、ボン・ジョヴィの新作『2020』が5位、スパイス・ガールズのメラニー・Cの8枚目のソロ・アルバム『Melanie C』が8位、ロジャー・ウォーターズのライブ・アルバム『Us + Them』が9位、21サヴェージとMetro Boominのコラボレーション・アルバム『Savage Mode II』が10位に初登場している。



シングル・チャートは変らず、アメリカ人のラッパー24kGoldnの「Mood」が1位を獲得。これで3週連続となった。2位も動かず、カーディ・Bとミーガン・ザ・スタリオンの「WAP」がキープ。Internet Moneyの「Lemonade」が5位から3位へ浮上した。

新たにトップ10入りしたのは1曲のみで、ポップ・スモークの「What You Know Bout Love」が先週の14位から上昇し、9位をマークした。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報