【インタビュー】fox capture plan、ニューAL『DISCOVERY』完成「新しいものを提示していかないといけない」

ツイート


変な言い方だが、みんながみんなライブ活動をほぼ封じられることになってしまった2020年において、こんなに活発に動いているのはfox capture planぐらいかもしれない。外のボーカリストたちとコラボした新曲を6曲発表、映画やアニメのサウンドトラック・アルバムを3作発表、そして11月4日には全11曲収録のニュー・アルバム『DISCOVERY』のリリースが控えている(なお、前述のコラボ曲は一切入っていない)。三者三様に超絶テクニックを持つ、しかし技術力以上に作曲やアレンジのセンスが前面に出るピアノ・インスト・バンド、というポジションから、さらに次のフェーズに踏み出した意欲作、『DISCOVERY』に至るまでを訊いた。

  ◆  ◆  ◆

■ foxは、「劇伴作家もやるけどバンドもやっている人たち」(カワイ)

──2020年になってサウンドトラックのアルバムが3作出ていますよね。TVアニメ『スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH』、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』、映画『事故物件 恐い間取り』。

岸本 亮(Piano):はい。

──あと、9月27日に始まったNHK BSプレミアムのドラマ『一億円のさようなら』や、6月放送のテレビ東京の単発ドラマ『ラストライン 刑事 岩倉剛』の音楽とかもあるし。これ、もう、普通の劇伴作家の仕事量ですよね。

岸本:(笑)。そうですね、それなりの仕事量かもしれないですけど、3人で分担して作っているので。だから普段のバンドとしての活動と、並行してできてるんだと思うんですけど。

──訊かれても困るでしょうけど、こんなにどんどん仕事が来るのはなぜなんですかね?

カワイヒデヒロ(Double Bass):(笑)なんですかね?

井上 司(Drums):2017年に『カルテット』(TBSのドラマ、1月〜3月放送)の劇伴をやってから、どんどんこうなっていった感じですね。「あのドラマを観て」って言ってくれる方が多いので、打ち合わせの時に。

岸本:そうだね。あの時は、バンドがやっているからこそのおもしろさみたいなのを出せたと思うので、それを新鮮だと捉えていただいた方が、多かったのかもしれないですね。


取材:兵庫慎司

  ◆  ◆  ◆

■YouTube配信

配信日時:2020年10月28日(水) 19時30分頃〜
11月4日(水)リリースの8thフルアルバム『DISCOVERY』の楽曲紹介や制作秘話、11月19日(木)に行う東京国際フォーラム単独公演の向けた意気込みなどを配信予定
【配信チャンネル】

■<DISCOVERY Release Live>

2020年11月19日(木) 東京国際フォーラム ホールC
18:00 開場 / 19:00 開演
チケット:指定席 ¥5,000(税込)
※3歳以上チケット必要
【チケット詳細ページ】

■8thフルアルバム『DISCOVERY』


2020年11月4日(水)発売
レーベル:Playwright

1. Into the Spiral
2. PRDR
3. Spread Out
4. Discovery the New World
5. Sprinter
6. Narrow Edge
7. NEW ERA
8. 夜間航路
9. Stand My Heroes
10. Numb (LINKIN PARK)
11. 不可思議のカルテ
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報