国内メタルの祭典<METALLIZATION II>開催目前、再確認しておきたい趣旨と心意気

ツイート

国産メタルの強豪たちの揃い踏みによる祭典<METALLIZATION II>の開催が、いよいよこの週末、10月18日(日)に迫ってきた。川崎のCLUB CITTA’を舞台に繰り広げられるこのフェスが産声を上げたのは2019年10月のこと。2020年は新型コロナ禍の影響もあり開催自体が危ぶまれていたが、いわゆるガイドラインに則りながら、観客数を制限した形で実施されることになった。前売りチケットの消化はすでに限定枚数の上限に達しているため当日券が発売される可能性もきわめて低い状況にあるが、この催しの行方には、当日の来場が叶わない人たちにもぜひ注目して欲しいところだ。

◆<METALLIZATION II> 動画 / 画像

このフェスのホスト・バンド的な立場にあるのは、結成から20年を超えるSURVIVE。その首謀者たるNEMO (Vo, G)に、この苦境においても開催することに決めた理由を尋ねると、以下のような回答が返ってきた。

「決行することに迷いはありませんでした。最初にこの<METALLIZATION>を始めようとした時に、最低でも絶対に5回はやると決めていたんです。というのも、過去、さまざまなイベントやフェスが企画されて自分たちもそこに出させてもらってきましたけど、いよいよイベント自体が定着してきたな、来年あたりはすごいことになるんじゃないか、という流れになってきたあたりで終わってしまうケースが多かった。もちろんそこには集客面、資金面などでの事情もあったはずですけど、自分としてはとにかくこれを根付かせていくことを重視したかったので、なんとかそうした問題がクリアできるならば、こうしたコロナ禍ではあっても続けていきたかった。正直、今回は完全に採算度外視です。ただ、来年以降も続けていくために、どうしてもやりたかったというのが本音です。有難いことに現状、チケットは売り切れている状態です。イベントの性質上、密になりやすいじゃないですか。そこについては会場側とも協議しながら、きちんと人数制限に則った形で開催することにしました。従来のようにモッシュをしたり、もみくちゃになりながらライヴを楽しむということはできないけども、なんとか安全を保ちながら実施して、この局面を乗り切りたいところです」


▲SURVIVE / Photo by Ko-ichi Mukoyama

あまり表立った形で打ち出されてはいないが、こうした発言内容からも察しがつくように、この催しはNEMO自身の企画原案をもとにスタートしたものでもある。ただ、今回は出演順的に彼らがヘッドライナーを務めることにはなるが、SURVIVEの主催によるフェスとして実施されるものではない。もちろんそうした形をとることも可能だったはずだが、改めてその点について尋ねてみると、NEMOは次のように説明していた。

「自分たちの名前を掲げること自体は簡単にできるんですけど、何よりも目的としているのは自分たちの認知度を上げることではなく、このシーンの活性化と熟成なんです。単純に、特定のバンドだけが美味しい立場に置かれるというのは自分自身あまり好ましいことだとは思っていないし、もちろんこうして聞かれれば答えますけど、誰が企画したかとかそういった不要な情報が目立ってしまうことも避けたかった。第一回の2019年はDOOMにトリを務めてもらったので、今年は自分たちが最後に演奏しますけど、誰かが定位置に登場するフェスではなく“この人たちがトリだとどんなことになるんだろう?”という楽しみが毎回あるものにしていきたいんです。それこそ来年あたりは勢いのある若手がトリを務めることになるかもしれない。そういった、普段は狭いライヴハウスでしかやったことのないバンドに、CLUB CITTA’のステージを体験して欲しいという気持ちもあるんです。そこで普段よりも大きなステージに見合うライヴをやるにはどうしたらいいのか、というのを誰でも当然考えるだろうし、そうやってバンド同士が切磋琢磨していければいいと思うんで。しかもメタルって、やっぱり“闘い”の音楽だと俺は思うんですね。そこで自分たちの名前だけ高く掲げてしまったら、本当にフェアな“闘い”にはなりにくいというのもあるはずだし」

今回は、昨年に続いて登場予定だった重鎮、DOOMの出演が藤田タカシ(G, Vo)の体調不良により残念ながら中止となってしまったが、CLUB CITTA’に全11バンドが集結し、本気のぶつかり合いを繰り広げることになる。いわゆる推しバンドばかりではなく、すべての出演者のライヴを目撃して欲しいところである。誰かが圧倒的な力を見せつける瞬間が、あるいは誰かが序列を壊して抜きん出ていく瞬間が到来するかもしれないし、そこに日本のメタルの明日が見えてくるかもしれない。

取材・文◎増田勇一


■<METALLIZATION II>

2020年10月18日(日)  神奈川・CLUB CITTA’川崎
open11:30 / start12:30
▼出演
COFFINS / HEAD PHONES PRESIDENT / HELL FREEZES OVER / HONE YOUR SENSE / INTESTINE BAALISM / SABLE HILLS / SHELLSHOCK / SURVIVE / TERROR SQUAD / THOUSAND EYES / VOLCANO
▼チケット
前売り¥4,500 (tax in.)
入場の際にドリンク代¥600が必要となります
https://clubcitta.co.jp/detail/6353


この記事をツイート

この記事の関連情報