ダーティ・ループス、6年ぶりにオリジナル作品を収録したEPを11月18日リリース

ツイート

メンバー全員が音楽大国スウェーデンの超名門王立音楽学校出身というエリート・ロック・バンド、ダーティ・ループスが2020年11月18日(水)にEP「フェニックス」をリリースすることが発表された。ダーティ・ループスがオリジナル曲を収録した作品をリリースするのは2014年のデビュー・アルバム『ダーティ・ループス(原題:Loopified)』以来6年ぶりとなる。

◆ダーティ・ループス 関連画像

ダーティ・ループスは、セリーヌ・ディオンを見出し、マイケル・ジャクソンなど数多くのアーティストの大ヒット曲を手掛けた米エンターテイメント界屈指の名プロデューサー、デイヴィッド・フォスターに見初められ、2014年にデビュー。デビューするやいなや、アルバムが突然オリコンのTOP10にランク・インした国際的人気を誇るロック・バンド。当時、洋楽アーティストのデビュー・アルバムがオリコンTOP10内にランク・インするのは、アークティック・モンキーズの記録以来8年2ヵ月ぶりで多くの注目を集めた。

ともとも彼らの高い演奏テクニックには高い評価が寄せられたいたが、デビュー作発表以降、更なる飛躍のためそれぞれの音楽鍛錬とツアー活動を続け、超絶技巧に更なる磨きをかけた。そして、1年ほど前からYouTubeでパフォーマンス・ビデオやミュージック・ビデオを公開しはじめ、ファンの間ではじわじわと人気に。今回リリースとなるEPには今年4月に公開したのち、瞬く間に100万回再生を突破した「ロック・ユー」をはじめとした5曲に加え、日本盤には同じくYouTubeで高い人気を得ているソング・フォー・ラヴァーズというシリーズで公開していたインスト楽曲が4曲ボーナス・トラックとして収録される。また、デラックス・エディションに同梱されるBlu-rayには9曲すべてのミュージック・ビデオを収録。「ワールド・オン・ファイヤー」はそれぞれのメンバーにフォーカスできるマルチ・アングル・ビデオとなっており、豪華な内容に仕上がった。

日本盤がリリースされるにあたりメンバーは「この6年間、楽曲を創り出す全く新しい方法を学んで、それがすべてこのEPに詰め込まれているんだ。まさに灰の中から蘇るような気分!」とコメント。また、ダーティ・ループスと親交がある音楽プロデューサーであり、ベーシストの亀田誠治からは、今回のEPがリリースされるにあたり、「合奏って楽しい! 音楽は世界の共通言語だと気づかせてくれる唯一無二のアーティストです」という推薦コメントが到着。音楽ファンなら聴き逃せない一枚に仕上がっている。

■亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト) コメント全文

ダーティ・ループスはデビュー当時、僕のラジオでマニアックな音楽談義をしたり、来日ライブの楽屋でイエーイとハイタッチをした仲間です。音楽と演奏が好きで好きでたまらない…そんな彼らから届いたアルバムは、パソコン由来の音楽がズラリと並ぶ今の音楽シーンと見事にハモリながら、ミュージシャンが持つパッション全開の音楽を届けてくれます。合奏って楽しい! 音楽は世界の共通言語だと気づかせてくれる唯一無二のアーティストです。


『フェニックス』

2020年11月18日(水)リリース
UCCJ-2188(SHM-CD) 2,860円(税込)
https://jazz.lnk.to/DirtyLoops_PhoenixPR

■収録曲
01. ロック・ユー / Rock You
02. ワーク・シット・アウト / Work Shit Out
03. ネクスト・トゥ・ユー / Next To You
04. ワールド・オン・ファイヤー / World On Fire
05. ブレイクダウン / Breakdown
06. オールド・アルマンド・ハッド・ア・ファーム / Old Armando Had A Farm*
07. ビトゥン・バイ・ザ・キトゥン / Bitten By The Kitten*
08. コーヒー・ブレイク・イズ・オーヴァー / Coffee Break Is Over*
09. ピンク・パワー / Pink Power*
*日本盤ボーナス・トラック

■デラックス・エディション Blu-ray収録内容
01. ロック・ユー
02. ワーク・シット・アウト
03. ネクスト・トゥ・ユー
04. ワールド・オン・ファイヤー (マルチ・アングル)
05. ブレイクダウン
06. オールド・アルマンド・ハッド・ア・ファーム
07. ビトゥン・バイ・ザ・キトゥン
08. コーヒー・ブレイク・イズ・オーヴァー
09. ピンク・パワー

◆ダーティ・ループス 日本オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報