AI、<One Young World Japan>オフィシャルアーティストに就任

ツイート

AIが、<One Young World Japan>のオフィシャルアーティストに就任することが発表された。

<One Young World>は、世界各国の次世代リーダーのためのグローバルフォーラム。2022年に東京で開催される<One Young World世界サミット>に向け、10⽉23⽇(⾦)から25⽇(⽇)にかけて行われるキックオフイベント<One Young World Tokyo Caucus 2020>にはAIも出演するという。当日は就任式の様⼦がオンラインで⽣配信されるそうだ。





また、AIはSDGs(持続可能な開発⽬標)の達成を期待される2030年に向けて、世界中の⼈々がお互いに持つ“個の多様性”に感謝し、より世界が⼀つになるための新曲「Not So Different」を完成させた。スコット・ストーチをプロデューサーに迎え、自身の生まれ故郷でもあるロサンゼルスのスタジオで2019年に制作されたという同曲について、彼女は「世界中が仲良くなってほしいという想いで書きました。(世界中には)色々あるけど ”We’re not so different(私たちはそんなに違わない)”と私は思ってます。この曲でこの想いが少しでも多くの方に届けば嬉しいです」と語っている。

AIが出演する10⽉23⽇(⾦)の<One Young World Tokyo Caucus 2020>では、「Not So Different」に込めた想いや、楽曲を通じて実現させたい同コーカスのテーマ「Inclusive Leadership」に対する想いが語られる予定となっている。また、<One Young World Japan>とのコラボレーションによるミュージックビデオも公開予定とのことだ。

   ◆   ◆   ◆

■AI メッセージ

国や宗教、⼈種や障害、⾊んなものを超えて集まれる、話し合えるというのは本当に素晴らしいことだと思います!この時だけは争いもやめてみんなが気持ちよくお互いを知り、お互いを分かり合える時間になればいいなと思ってます!!!
Weʼre not so different!!!!
みんな同じ感情というものがありますからね。
One young world をこれからも応援してます!!!世界中にハピネス!!!

   ◆   ◆   ◆

■⼀般社団法⼈One Young World Japan Committee理事⻑ ⼤久保 公⼈氏 メッセージ

⾳楽は、国境を超え、⾔葉を超え、宗教を超え、⼈種を超え、⼈の⼼を⼀つにする⼒を秘めています。⾳楽は、⾔葉以上に⼼の深くに染み込み、⼈を憂鬱から救うことも、⼈に涙を流させることも、⼈に勇気を与えることもできます。そして⾳楽は、⼈の感性を豊かにし、⾃らの活動や、夢や、⽣き⽅にも⼤きな影響を与えます。それは、まさにOne Young World。 世界中の次世代が出会い、互いを敬い、⼼を⼀つにし、情熱的に⾃⾝に挑戦していく。グローバルでありながら、⽇本のこころと機微をとても⼤切にされているAIさん。彼⼥の歌を通じて、2022年開催のOne Young World TOKYOサミットで、⽇本のメッセージが世界に響き渡ることと思います。

   ◆   ◆   ◆

この記事をツイート

この記事の関連情報