エンニオ・モリコーネ、未発表音源7曲を含む激レア音源を収録した『モリコーネの秘密』リリース決定

ツイート

2020年7月に91歳でこの世を去った映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネ。

◆エンニオ・モリコーネ 関連動画&画像

11月に迎えるはずだった彼の92歳の誕生日を記念して、デッカ・レコードとCAMシュガーがタッグを組んだアルバム『モリコーネの秘密』(Morricone Segreto)が11月6日にリリースされることが決定した。没後初めてリリースされるモリコーネ作品となるこのアルバムには、実に7曲の未発表音源が収録される。またアルバム・トレイラーも公開され、発売に向け期待の高まる内容となっている。

本作には、モリコーネが最も創作意欲高く活動していた1960年代後半から1980年代前半にかけて録音されたものの、イタリアの老舗レーベルであるCAMシュガーに長らく眠っていた数々の激レア音源を惜しみなく収録。彼のキャリアを振り返るうえでも絶好の内容となっている。今回が初商品化となる7曲の未発表音源と共に、アルバム全編にわたってミステリアスな声や歪んだギター、不穏なストリングスやシンセサイザーが当時のモダンなサウンドと交じり合い、モリコーネにしか創りえないアヴァンギャルドな音世界が繰り広げられている。中でも「彼女のために彼がいる」、「スターク・システム」、「シチリア人の一族」は白眉の出来栄えだ。それら貴重な音源の中から、先行配信として「黒点(シングル・ヴァージョン)」が10月16日にリリースとなっている。

アカデミー賞受賞など数々の偉業を成し遂げたモリコーネ。生前は60年以上にわたり、600以上ものサウンドトラックを創り上げてきたレジェンドだ。『ニュー・シネマ・パラダイス』、『ミッション』、『アンタッチャブル』、『ヘイトフル・エイト』など多くの美しいメロディで愛され続けたマエストロが実はサイケデリック、実験的な音楽も数多く残していたことはほとんど知られていなかったが、今回リリースされる『モリコーネの秘密』で遂にその秘密が明かされることとなった。


◆エンニオ・モリコーネについての著名人からのコメント(抜粋、順不同)

エンニオ・モリコーネ…お気に入りの作曲家だよ。「お気に入りの映画音楽家」という意味じゃない…モーツァルトやベートーヴェン、シューベルトと肩を並べられる作曲家だということだ。──クウェンティン・タランティーノ

エンニオは僕たちに大きなインスピレーションを与えてくれ、バンドやクルー、ファンを結びつけてもくれた。彼は大切なメタリカ・ファミリーの一人だとずっと思っているよ。彼のキャリアは伝説級で、楽曲はどれもエヴァ―グリーンだ。1983年以降僕らのコンサートのムードを作り出し続けてくれてありがとう。──メタリカ
※メタリカはモリコーネの『続・夕陽のガンマン』サウンドトラック収録の”The Ecstasy of Gold”をコンサートのSEとして使用している。

マエストロ・モリコーネのメロディは一生私の心をつかんで離さない。──ロジャー・ウォーターズ

なんて素晴らしい才能なんだ。──ミューズ

素晴らしい音楽をありがとう、マエストロ。──デュラン・デュラン

永遠に残り続ける曲を生み出した素晴らしい作曲家。素敵な贈り物をどうもありがとう。──セリーヌ・ディオン

エンニオ・モリコーネが音楽のことを「エネルギー、空間、そして時間」と表現したことを私は決して忘れないでしょう。私がこれまで聞いてきたものの中で最も音楽を簡潔に、正確に表現しているからです。──ヨー・ヨー・マ

イタリアの素晴らしさに全てを捧げた人。──モリッシー


『モリコーネの秘密』

2020年11月6日(金)発売
UCCL-1222 SHM-CD ¥3,080(税込)
https://classic.lnk.to/Morricone_SegretoPR

■収録曲
01 – 来て (別テイク) – 映画『愛と性の時』(QUANDO L’AMORE e SENSUALITA) – 4:39 – 1973 ※初商品化
02 – グロテスクな幽霊 (ニュー・エディット) – STARK SYSTEM – 1:48 – 1980
03 – 人生の光と影 – 映画「恐るべき少女たち/報告・イタリア版転落の詩 」(STORIE DI VITA E MALAVITA) – 2:40 – 1976
04 – 乳房とアンテナ、屋根とスカート – LA SMAGLIATURA – 5:10 – 1975
05 – パトリツィア (別テイク) – 映画『別れ』(INCONTRO) – 2:01 – 1971 ※初商品化
06 – ダリラのために –映画『フランコ・ネロ/強奪 インサイダー』( IL BANDITO DAGLI OCCHI AZZURRI) – 2:42 – 1980
07 – 18 Pari – 映画『ザ・ビッグマン』(UN UOMO DA RISPETTARE) – 3:20 – 1972
08 – サイケデリック・ムード – LUI PER LEI – 3:06 – 1971 ※初商品化
09 – 逃げる – L’AUTOMOBILE – 3:53 – 1971
10 – サイケデリック・ジュークボックス – 映画『恐怖に襲われた街』(PEUR SUR LA VILLE) – 3:07 – 1975
11 – 作られた恐怖 – 映画『Weak Spot』(LA SMAGLIATURA) – 1:31 – 1975
12 – 黙り込むエッダ – LUI PER LEI – 0:11 – 1971 ※初商品化
13 – そんなのありえない – 映画『My Dear Killer』MIO CARO ASSASSINO – 1:49 - 1972
14 – イート・イット (シングル・ヴァージョン) – EAT IT – 3:50 – 1969
15 – 隠された闇 –映画『愛と性の時』(QUANDO L’AMORE e SENSUALITA)– 1:10 – 1973
16 – 私たちのドラマ – 映画『略奪しろ、抵抗せよ、殺せ!』(SPOGLIATI, PROTESTA, UCCIDI )– 1:36 – 1972
17 – 彼女のために彼がいる – SENZA SAPERE NIENTE DI LEI – 3:08 – 1969
18 – 車輪のビート – L’AUTOMOBILE – 0:50 – 1971 ※初商品化
19 – スターク・システム (ロック・バージョン) – STARK SYSTEM – 2:13 – 1980
20 – シチリア人の一族 (テーマ No. 5) - 映画『シシリアン』(IL CLAN DEI SICILIANI) – 2:40 – 1969 ※初商品化
21 – ルネ・ラ・カンネ – 映画『シルビア・クリステルの ピンク泥棒』(RENE LA CANNE) – 2:57 – 1977
22 – 午後10時 – SAN BABILA ORE 20: UN DELITTO INUTILE – 3:01 – 1976
23 – 暗闇でスリップ – 映画『UCCIDETE IL VITELLO GRASSO E ARROSTITELO』 - 5:21 – 1970 ※日本盤限定ボーナス・トラック
24 – 街のシンフォニー - Seq. 4 – 映画『コップキラー』COPKILLER – 2:47 – 1983
25 – 割り当て – 映画『ザ・ビッグマン』(UN UOMO DA RISPETTARE) – 2:02 – 1972
26 – 不道徳 (New Edit) – L’IMMORALITA – 3:08 – 1978
27 – 致命的な追求 – 映画『Black Belly of the Tarantula』(LA TARANTOLA DAL VENTRE NERO)–1:27 – 1971 ※初商品化
28 – 黒点 (シングル・ヴァージョン) – 映画『炎のいけにえ』(MACCHIE SOLARI) – 2:37 – 1974

◆エンニオ・モリコーネ 日本オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報