【ライブレポート】ゴールデンボンバーの「エアーツアー」に3日間参加して

ツイート
撮影:菅沼剛弘(沖縄公演)

ゴールデンボンバーが、10月16日〜18日に<ゴールデンボンバー全国縦断無観客ライブ「エアーツアー」3days>を開催した。

◆ライブ画像

今回のツアーは、「長距離移動が何かと難儀なこのご時世に、せめて配信上だけでもツアー先でのライブの雰囲気を届けられないか」という思いのもと行なわれた「エアーツアー」だ。初日は北海道、2日目は大阪、最終日は沖縄を会場として設定し、各地の要素や雰囲気を醸し出したライブと、ご当地名物を食べながらの打ち上げトークを都内から届けた。「エアーバンドのエアーツアー」という発想力に脱帽である。

各公演は、メンバーが自粛警察から逃れて地方へ移動する様子を追ったオープニング映像、ライブパート、アンコール用映像、トークパート、エンディング映像で構成。「やんややんやNight 〜踊ろよ※※〜」(2017年に発表した各都道府県限定シングルで、※※に入る地名が変わる)でライブが始まると、早速、怒涛の勢いでネタが押し寄せてきた。

喜矢武豊と樽美酒研二が身体を張った3日間の演出のなかで最も印象的だったものとして、北海道公演で披露されたスープカレー流し(ギターソロ)と、キタケツネの産卵(ドラムソロ)を挙げたい。顔面を使ってスープカレーを受け止める喜矢武、産卵し続ける樽美酒のお尻を全面に出したキタケツネの姿は非常に刺激的で、初日の序盤からコメント欄を熱く盛り上げた。

画像提供 : ニコニコ生放送(北海道公演)

画像提供 : ニコニコ生放送(北海道公演)

画像提供 : ニコニコ生放送(北海道公演)

大阪公演では阪神タイガースやスーパー玉出くん、シリオンズが登場したり、沖縄公演では身体の一部を使ってシークワサーを絞ったり……と期待を裏切らない彼ら。瞬発的な笑いが秀逸なのはもちろんだが、じわじわとくる笑いも忘れてはならない。

撮影:ユークリッド・マネージメント(大阪公演)

撮影:ユークリッド・マネージメント(大阪公演)

撮影:ユークリッド・マネージメント(大阪公演)

「進行を妨げるほど熱狂的な喜矢武豊ファンの生霊(という名の音声素材)を静かにさせる」という演出は、3日間共通で用意されていた。8月に行なわれた前回の配信ライブでも使われたこちらは、大掛かりなセットや衣装チェンジなどを必要としない控えめな内容だったが、同じネタでも武器をピストルからライフル、斧と少しずつ変化させてくるというシュールさにより、一番笑えたのは最終日だった。

画像提供 : ニコニコ生放送(沖縄公演)

演奏曲数は1公演につき10曲で約1時間。前回の配信ライブと比べると曲数が少なく、その代わりにトークパートが追加された。4人がそれぞれ選んだご当地名物を食べながら感想を言い合って盛り上がる姿を見ていたら、曲数を大きく減らした理由がなんとなくわかった気がした。前回は「笑いでファンを元気づけること」を目的としたもの。トークを増やした今回は「メンバーが元気であること」を伝えるためのものだったのではないだろうか。

メンバーのナチュラルな姿を見る機会というのはそう多くはないし、画面のこちら側に話しかけながら展開していくトークパートがあったからこそ「ライブを見た」ではなく「参加した」と思えたのだと感じた。それゆえに、この記事のタイトルを考えたときに「参加」という言葉がスッと出てきたのは間違いない。また、わずか3公演と言えど、ツアーに全日程参加するという疑似体験ができたのは貴重な経験だった。

撮影:ユークリッド・マネージメント(北海道公演)

撮影:菅沼剛弘(沖縄公演)

最終日の打ち上げトーク中には、12月24日に無観客有料配信ライブ<ゴールデンボンバークリスマスライブ 〜聖夜の夢漢却廃神〜>を開催することが鬼龍院翔から告知された。メンバーも望んでいたように、次が最後の無観客ライブになることを願う。

いつになるかはまだわからないけど、ステージに立つ彼らに会える日を心待ちにしながら、今回のツアーで紹介されたおいしいものを食べて眠ろうと思う。樽美酒おすすめの泡盛が入ったボンボンショコラ、すごく気になる。

文:高橋ひとみ(BARKS)

<ゴールデンボンバー全国縦断無観客ライブ「エアーツアー」3days>アーカイブ配信

[チケット販売期間]
DAY1&通しチケット:2020年11月14日(土)23:59まで
DAY2:2020年11月15日(日)23:59まで
DAY3:2020年11月16日(火)23:59まで

[タイムシフト視聴可能期間]
DAY1:2020年11月15日(日)23:59まで
DAY2:2020年11月16日(月)23:59まで
DAY3:2020年11月17日(火)23:59まで
※上記期間を過ぎると、視聴の途中であっても番組を見ることができなくなります。ご注意ください。

[配信プラットフォーム]
ニコニコ生放送、ABEMA ペイパービュー

この記事をツイート

この記事の関連情報