【レポート】Captain Vinyl、BLUE NOTE TOKYOに登場

ツイート

DJ NoriとMuroが7インチレコードを中心に、常にBack To Backで選曲をお互いに真正面からぶつけ合うDJユニット“Captain Vinyl”。

◆<Captain Vinyl Dinner> 関連画像


今回は、レギュラー出演をするクラブ、DJバーを飛び出し、ジャズクラブ&ライブレストラン「BLUE NOTE TOKYO」にて、DJのみによるディナー・ライブ公演<Captain Vinyl Dinner>が開催された。今回の公演はゲストミュージシャンなども敢えて招かず、DJの2人のみが出演という同会場では異例の公演として開催となった。


19時公演の1曲目は、DJ NORIの選曲した「Yazmin Lacey / I’ll Never Stop Loving You」というブルーノートナンバーから始まり、ボビ・ハンフリー、ドナルド・バードなど、しばらくはジャズ寄りの選曲を中心に、テーブルのお客さんへの、心地良く食事やお酒を楽しめるような空間を演出。


時間が経つとともに、MFSB、The S.O.S BAND、シスターズ・ラヴ、エディ・ケンドリックス、レイ・バレットなど、ソウル、ファンク、ディスコからラテンまで、オールジャンルにまたがるレコードの掛け合いの応酬になり、座っていたお客さん達も、徐々にテンションが上がり、我慢できずにステージ前に自然に集まり、踊る姿が多数見受けられた。

次回の開催は未定だが、今回を逃した方も、ジャズクラブでの奇跡のバイナル・セッションの再来を心待ちにしてほしい。

Photo: Yusuke Yoshinaga


<Captain Vinyl Dinner >

2020年10月16日(金)
18:30 OPEN 19:00 START
BLUE NOTE TOKYO
出演:DJ NORI & MURO

◆BLUE NOTE TOKYO オフィシャルサイト
◆Captain Vinyl オフィシャルサイト(東京レコード)
この記事をツイート

この記事の関連情報