ヤマハ銀座ビルに音・音楽との新たな出会いを楽しめるカフェ併設の新スポット「ブランド体験エリア」が10月23日オープン

ツイート

▲1階のイベントスペースは開放的な吹き抜けの空間に自由に弾ける鍵盤楽器やカフェスタンドを配置。

ヤマハが、ヤマハ銀座ビル内で営業するヤマハ銀座店の1、2階を改装し、10月23日(金)に参加型のさまざまな音楽体験を提供する「ブランド体験エリア」を新たにオープン。音や音楽に触れられる多様な音楽体験ができるスペースが設けられるほか展示やイベントも実施、カフェも併設する。また、ヤマハが開発したバーチャルライブシステム「Real Sound Viewing」を体験することもできる。

ヤマハの旗艦店であり、国内最大級の総合楽器店である「ヤマハ銀座店」にオープンする「ブランド体験エリア」は、音楽や映像を視聴するだけでなく、音や音楽に触れたり感じたりといった多様な音楽体験を楽しめるスペース。「新しい自分と出会える」をテーマに、性別、国籍、年齢、音楽経験を問わず、音楽が好きで音楽に興味のある幅広い層に向けて、音や音楽との新しい出会いとなる展示やイベント、サービスなどバラエティーに富んだ体験を提供する。

■1階:イベントスペース/カフェスタンド

開放的な吹き抜けの空間を持つ1階には、誰でも自由に弾くことができ、奏者とオーディエンスが心地よいコミュニケーションを取りながら音楽を楽しめる鍵盤楽器「key between people」(キー ビトウィーン ピープル)を配置。これと連動した映像演出を壁面の25面マルチ大型ディスプレイで楽しめる(「key between people」と連動した映像演出は11月から導入予定)。気軽に立ち寄れるカフェスタンドや、楽器を弾けない人でも気軽に音で遊べる仕掛けのユニークな「music table」(ミュージックテーブル)もあり、音や音楽を身近に感じてみんなで楽しめる参加性の高いスペースだ。


▲8K対応の高解像度モニター25面による大型ディスプレイ(左)は銀座中央通りからウィンドウ越しに見える位置にある。テーブル型電子ピアノ「key between people」(右)は演奏者と聴衆の心地よいコミュニケーションの形としてデザインされたテーブル型の鍵盤楽器。誰でも気軽に演奏を楽しめる。


▲music table(左)は、カフェで提供される飲み物を楽しみながら、いつの間にか音楽に参加し、誰もが気軽に表現を楽しめるテーブル。置いたカップの位置をカメラで読み取り、テーブル上に投影された映像と反応して音を奏でる。セルフ式のカフェスタンド(右)ではヤマハのロゴである音叉マークのラテアートメニューや楽器の「銅鑼(どら)」にちなんだ「どら焼き」などを提供。

■2階:カフェラウンジ

▲2階のカフェラウンジ

2階のカフェラウンジは、音楽文化をモチーフに開発した物語性のあるドリンクやフードなど、ヤマハらしいオリジナルメニューを用意したスペース。併設のライブラリーでは、音・音楽への新しい出会いとなるよう、好奇心や感性を刺激する約700冊の多彩な本を揃えている。

さらに注目は、ヤマハが開発したバーチャルライブシステム「Real Sound Viewing」(リアルサウンドビューイング)。新進気鋭の若手アーティスト4組の事前収録された演奏が、ヤマハ独自技術により、アコースティックピアノとドラム、ウッドベースでリアルに再現されるバーチャルライブスペースだ。アコースティック楽器の自動演奏による「生の音」と、アーティストの等身大の姿を映す映像を組み合わせることで、目の前で実際にライブ演奏が行われているような臨場感のある演奏を体感することができる。 今回が都内初の「Real Sound Viewing」常設展示。2階カフェラウンジの利用客が体験できる。

<出演アーティスト>
・木村イオリ・森田晃平DUO
・fox capture plan
・J.A.M
・桑原あいトリオ ※12月~上映開始予定


▲カフェラウンジ「NOTES BY YAMAHA(2F Café Lounge)」(全68席)は音楽家や楽曲にちなんだオリジナルのモクテル(ノンアルコールカクテル)を用意(左)。営業時間は11:00~18:30(ラストオーダー 18:00)/火曜定休(祝日の場合は営業)。Real Sound Viewing (右)は、新進気鋭の若手アーティスト4組の事前収録された演奏が生楽器でリアルに再現されるバーチャルライブスペース。

▲ライブラリー(左)は「紙から聴こえる音」をコンセプトに、知的好奇心をくすぐる音・音楽に関わるさまざまなテーマの本をそろえた本棚。「Design Exhibition(デザインエキシビション)」(右)は海外のデザイン展に出展したコンセプトモデルやヤマハ製品のデザインプロトタイプを展示するコーナー。機能だけでなくデザインにも徹底的にこだわるヤマハデザインの哲学を発信する。どちらも2階カフェラウンジ利用客が体験可能。

ヤマハ銀座ビル

所在地 :東京都中央区銀座7-9-14
営業時間 :11:00~18:30 定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

ヤマハ銀座ビル地下1階および3~5階は楽器や楽譜の販売、地下2階はスタジオ、6~9階はコンサートサロンとコンサートホール、10~12階では音楽教室を運営し、音楽に関する多機能型の商業施設として展開している。
この記事をツイート

この記事の関連情報